劇団時の駅30周年記念公演第2段は、復興願うハートフルコメディー

2017.09.10

劇団時の駅(飯塚)が第43回公演『デイドリーム・ビリーバー』(作:堤泰之、演出:宮下治代)を10月28日(土)〜29日(日)、飯塚市飯塚のイイヅカコスモスコモン中ホールで上演する。

劇団時の駅 第43回公演『デイドリーム・ビリーバー』

10年に一度という大型台風に襲われた田舎町。窯が土砂の下に埋もれてしまった日比野陶工房を復興させようと、日比野由紀の同級生や陶芸教室のメンバーが集まってきていた。
同じく商工会も復興を機に新しい町づくりの目玉として「リボーンプロジェクト」を立ち上げていた。
そこへ東京から、得体の知れないミュージシャンが被災地の人々を勇気づけたいと押しかける。
様々な人々の思惑が絡み合い「復興」は、ぐねぐね、とぼとぼ、ごちゃごちゃ、ねちょねちょ……。
はたして日比野陶工房は再建できるのか⁉︎ そしてリボーンプロジェクトの行方は……。

飯塚市を拠点に活動を続け、今年で結成30周年を迎える劇団時の駅。30周年記念公演の第2弾にあたる本作は、台風被害にあった田舎町でおこる、たくさん笑えてちょっぴり泣けるハートフルコメディー。作品決定後に起こった福岡・大分の水害を受け、被災地の1日も早い復興を祈りつつ、寄り添う気持ちを大切に創作に取り組んでいるという。

出演は、豊嶋陽子、畑辺健二、豊嶋雅治、平林純、緒方誠、國武美沙、奥田聖一、縣美希、友原一樹、松岡悦子、林田真澄、安藤忍、増岡彩香、森岡亮太、小宮詩乃。

チケットは、大人1,500円、学生(高校生以下)1,000円。イイヅカコスモスコモン、飯塚・直方市民劇場、北九州芸術劇場プレイガイド、ケアサービスあかり(田川)、劇団事務局での取り扱い。

お問い合わせは劇団時の駅事務局tokinoeki0001@san.bbiq.jp、090-8401-8935(宮下)まで。


劇団時の駅 第43回公演『デイドリーム・ビリーバー』

作:堤泰之
演出:宮下治代
日時:2017年10月28日(土)19:00
        29日(日)13:00
会場:イイヅカコスモスコモン 中ホール(飯塚市飯塚14-66)
料金:大人1,500円
   学生(高校生以下)1,000円

【関連サイト】
劇団時の駅
劇団時の駅(Facebook)

劇団時の駅 第43回公演『デイドリーム・ビリーバー』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket