ばぁくう読演88は岡本かの子『鮨』

2017.09.29

演戯集団ばぁくう(福岡)が佐藤順一読演88『鮨』(作:岡本かの子)を10月10日(火)と20日(金)、福岡市中央区六本松のアトリエ戯座で上演する。

演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演88『鮨』 

東京、繁華な表通りから外れ、紛れ込んだような街筋に、ともよの両親が営む「福ずし」という鮨屋がある。
常連客で賑わう気軽な鮨屋。ともよは、そんな客たちの中で育った。
ある日、買物に出たともよは、ちょっと気になる初老の客「湊」を見かける。

毎月10日と20日に開催されるばぁくうの読演。88回目となる今回は、芸術家・岡本太郎の母であり、大正~昭和期の小説家・歌人として有名な岡本かの子の『鮨』を読演する。

チケットは前売当日ともに1,500円。

予約・お問い合わせは演戯集団ばぁくうnrd47497@nifty.com、092-736-1220まで。


演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演88『鮨』 

作:岡本かの子
日時:2017年10月10日(火)15:00/19:00
        20日(金)15:00/19:00
会場:アトリエ戯座(福岡市中央区六本松4-11-25-5F ばぁくう内)
料金:1,500円(コーヒー・おつまみ付)

【関連サイト】
演戯集団ばぁくう
演戯集団ばぁくう(Facebook)

【関連記事】
演戯集団ばぁくう記事一覧

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket