ばぁくう読演89は夢野久作の『名君忠之』

2017.11.16

演戯集団ばぁくう(福岡)が佐藤順一読演89『名君忠之』(作:夢野久作)を11月10日(金)と20日(金)、福岡市中央区六本松のアトリエ戯座で上演する。

演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演89『名君忠之』 

福岡藩二代藩主・黒田忠之の頃。
江戸期に入り、世は安定したとはいえ、未だ戦国の気風は残っていた。
家中に、隠居はしたものの、荒々しく傲慢な気性で知られる武士がいた。
主君を主君とも思わぬ増長慢で、忠之の勘気に触れる。
すわ一大事…!
武士として生きる苦悩。誇りと矜持。増長と自戒。
ある少年の命を賭けた行動、そして結末!
郷土の作家、夢野久作。ぜひお楽しみに!

毎月10日と20日に開催されるばぁくうの読演。89回目となる今回は、小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』、中井英夫の『虚無への供物』と並び、三大奇書として数えられる『ドグラ・マグラ』を世に出した夢野久作の『名君忠之』を読演する。

チケットは前売当日ともに1,500円。

予約・お問い合わせは演戯集団ばぁくうnrd47497@nifty.com、092-736-1220まで。


演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演89『名君忠之』

作:夢野久作
日時:2017年11月10日(金)15:00/19:00(※終了)
        20日(金)15:00/19:00
会場:アトリエ戯座(福岡市中央区六本松4-11-25-5Fばぁくう内)
料金:1,500円

【関連サイト】
演戯集団ばぁくう
演戯集団ばぁくう(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket