今年のモノレール×演劇はクリスマスバージョン

2017.12.19

モノレール演劇『はなれても、燈』 ~聖なる夜のひみつのツアー~(作・演出:穴迫信一・高野桂子)が12月22日(金)~ 24日(日)、 北九州高速鉄道株式会社が運営するモノレール小倉駅~企救丘間で上演される。

モノレール演劇『はなれても、燈』 ~聖なる夜のひみつのツアー~

北九州の200年の時空を旅する「時空ツアー」へ空中車両に乗って出発。ガイドたちのアナウンスのもと、未来の旦過市場や競馬場を眺めつつ車両は穏やかに進んでいたが、突然鳴り響いた一本の車内アナウンスで、事態は誰も予想しない展開へと突き進んで行くことに…。

今回で4回目となるモノレール演劇。この企画は北九州演劇工業地帯と銘打たれた、劇場を飛び出し劇場周辺の様々なロケーションを演劇的財産として活用する、地域と演劇を結びつけるアートプロジェクト。この企画を担当する、北九州芸術劇場の加賀田浩二に本企画のことなどについて聞いた。

ー北九州芸術工業地帯とはどのような企画でしょうか?

「北九州芸術工業地帯」は、北九州芸術劇場が地域のパートナーとタッグを組んでおこなうさまざまなアートプロジェクトの総称です。この街が持つ魅力を活かし、アートの力で新たな“ワクワク”を生み出す企画を、年間を通して複数実施しています。

ーモノレール演劇『はなれても、燈』 はどのような企画ですか?

日本初の都市モノレール「北九州モノレール」でおこなわれる、日本初のモノレール演劇です。お客様には、劇中のモノレールに乗車する登場人物の一員としてご乗車いただき、200年先の未来を一緒に旅をするという不思議な体験ができる内容になっています。

ーズバリ見所は?

サブタイトルに「~聖なる夜のひみつのツアー~」と銘打っている今作は、昨年12月に上演し好評を博した『はなれても、燈』をクリスマスバージョンにアレンジした作品。再演ではありますが、“クリスマス”をキーワードに、ファンタジックに姿を変えていますので、1度ご覧いただいた方にもお楽しみいただけます。演劇好きの方はもちろん、ご家族やカップルの方には、クリスマスの特別な時間をちょっと非現実的に楽しんでいただけると思います!

ーmola!をチェックしている方にメッセージを!

mola!をご覧になっている皆様へ、ご来場お待ちしております!昨年も沢山のご予約を頂いたので、ご購入はお早めに!

今後は、上演回数増してモノレールでの演劇を定着や様々なジャンルの芸術と演劇のコラボレーションを行ない作品を生み出したいとのこと。北九州芸術劇場の新たな試みに要注目だ。

出演は、木村健二(飛ぶ劇場)、五島真澄(PUYEY)、高山実花(モンブラン部)、中川裕可里(飛ぶ劇場)、吉元良太、高野桂子(PUYEY)、火ノ口紗彩和。

チケットは、1,500円(当日2,000円)。北九州芸術劇場オンラインチケット、チケットぴあ(Pコード:480-435)、ローソンチケット(Lコード:84583)での取り扱い。チケット代の他に、モノレール乗車券大人620円・子ども320円が必要。

お問い合わせは北九州芸術劇場093-562-2655まで。


モノレール演劇『はなれても、燈』 ~聖なる夜のひみつのツアー~

作・演出:穴迫信一(ブルーエゴナク)・高野桂子(PUYEY)
日時:2017年12月22日(金) 18:36
        23日(土) 16:36/18:36
        24日(日) 19:36
会場:北九州モノレール車内
料金:1,500円(当日2,000円)
   別途北九州モノレール乗車券大人620円、子ども320円を当日受付にて支払い(乗車料支払先:北九州高速鉄道株式会社)

【関連サイト】
北九州芸術劇場『はなれても、燈』公演詳細ページ

【関連記事】
北九州モノレールが劇場に!? 話題作の続編

モノレール演劇『はなれても、燈』 ~聖なる夜のひみつのツアー~

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket