engelが手がける新イベント、第1弾は宮村耳々と斜陽が登場

2018.01.30

北九州市小倉北区大門にあるengelが、「alarm call」と題した新イベントを立ち上げる。その第1弾として、北九州を中心に活動している俳優の宮村耳々と、揖斐亮太のソロユニット「斜陽」によるパフォーマンスが2月18日(日)、北九州市小倉北区城内の小倉城庭園で行われる。

「alarm call#1」

内容は、斜陽のliveと、斜陽+宮村耳々によるユニット「農事センター」のパフォーマンスの2部構成。アンビエントミュージャンと俳優という珍しい組み合わせによる今回の作品。会場も小倉城庭園という由緒ある場所で、この異色の組み合わせが見せてくれるライブパフォーマンスに期待したい。今回のイベントにあたって、主催するengelの寺本雄二からコメントが届いた。

元々はエンゲルのクリームシチューそうめんのテーマ曲を斜陽さんにお願いして、めちゃくちゃいい曲ができたのでノリで今度はPV作ろうって宮村さんを誘ったらこれまためちゃくちゃいいのができたんで、もうユニットとしてなんかやろうってなって始まった企画です。

基本的にほとんどが打ち合わせ無し、行き当たりばったりでやってきたものなので、当日もどうなるかわかりませんが、楽しみしかないです。会場も小倉城庭園で、かなりいい感じなので楽しみです。今後も定期的に活動していきたいですね。クリームシチューそうめんも美味しいんでそれの宣伝にもなると嬉しいですね。

出演は、斜陽、農事センター(斜陽+宮村耳々)。

料金は前売当日共に1500円。

お問い合わせはengel cafeandmusik@gmail.comまで。


「alarm call#1」

日時:2018年2月18日(日)19:00
会場:小倉城庭園(北九州市小倉北区城内1-2)
料金:1,500円(前売当日共通)

【関連サイト】
engel -cafe and musik-
ryota ibi(Twitter)
宮村耳々(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket