FUNAI演劇祭参加の不二野座が、心温まる作品を上演

2018.02.10

不二野座(大分)が『お爺ちゃんの宝物』(作・演出:小野不二野)を2月12日(月・祝)、大分市金池南のホルトホール大分 小ホールで上演する。

小さな町の病院の待合室。百合子の祖父が集中治療室に運ばれた。
駆けつける人々…。義理や人情が薄らいだ世の中で、頑固に昔気質を通してきたお爺ちゃん。
“死”を目前に待合室ではお爺ちゃんの思い出話で花がさく。
そして、語り合ううちに若者たちの何かが変わっていく。

不二野座の第3回FUNAI演劇祭参加作品は、とある病院の待合室を舞台にした物語。お爺ちゃんを好きだった者たちが集まり、思い出話を繰り広げる。

料金は一般1,000円、大学生以下500円。

お問い合わせは090-3593-7188まで。


不二野座『お爺ちゃんの宝物』

作・演出:小野不二野
日時:2018年2月12日(月・祝)17:00
会場:ホルトホール大分 小ホール(大分市金池南1-5-1)
料金:1,000円

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket