10年前の名作に新顔で挑む、非売れの番外公演

2018.02.12

非・売れ線系ビーナス(福岡)が番外若手公演『彼女の消息』(脚本:田坂哲郎、原案・演出:木村佳南子)を2月16日(金)~17日(土)、福岡市中央区大名のkonya-galleryで上演する。

非・売れ線系ビーナス 番外若手公演『彼女の消息』

元スクールカウンセラーの望。
嘘をつき続け、恋人が死んだ過去に苦しむ香苗。
そんな二人にペットとして飼われていた玉枝。
女三人の不安定な生活は、望が起こした殺人事件によって幕を閉じた。
3年後、青年と暮らしていた玉枝のもとに香苗から手紙が届く。
「友達に戻りたい」と告げる香苗に対して、玉枝はかつて自分がされたように、香苗を飼い始める。

非・売れ線系ビーナス 番外若手公演『彼女の消息』

2007年に番外公演として上演された本作。11年前、現在の非売れよりエロ・グロ・ナンセンスで、観客に「えげつない世界観」と言わせた作品を、当時の上演作品を見ていないメンバーを交えて新たに上演する。脚本を担当した田坂哲郎からコメントが届いた。

今回は10年くらい前に書いた作品を再演するのですが、ここはただの悪ふざけだわ、っていう場面を削ったくらいでほとんど加筆修正をしてません。
久しぶりに読んだときに、なんかめちゃくちゃだけど面白いと思ったからです。ややもすると上手にスルーできるようになってしまった「やったら面白いけどめんどくさいアイデア」にこの頃はきちんと取り組んでたな、と少々反省もしました。なんか色々めんどくさい作品です。こんな作品、もうしばらくやらないと思います。イヤな女とダメな男の監禁コメディです。コメディ好きな人、来てね。

出演は、ぽち、成清暁子、稲田小百合、君島史哉(演劇ユニットそめごころ)、田坂哲郎。

チケットは、一般1,500円(当日2,000円)、学生1,000円(当日1,500円)、高校生一律500円。『彼女の消息』予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせは非・売れ線系ビーナスhi.uresenkei.venus@gmail.comまで。


非・売れ線系ビーナス 番外若手公演『彼女の消息』

脚本:田坂哲郎
原案・演出:木村佳南子
日時:2016年2月16日(金)16:00/20:00
        17日(土)13:00/16:00/19:00
会場:konya-gallery(福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル201)
料金:一般1,500円(当日2,000円)
   学生1,000円(当日1,500円)
   高校生一律500円

【関連サイト】
非・売れ線系ビーナス
非・売れ線系ビーナス(Facebook)
非・売れ線系ビーナス(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket