ゼロソーが無期限の活動休止を発表、花習舎も4月で閉鎖に

2018.02.15

ゼロソー(熊本)が、3月末をもって無期限の活動休止に入ることを発表した。

ゼロソー(旧・劇団0相)は2001年に旗揚げ。熊本を拠点に活動を続け、2015年からはアトリエ花習舎の管理運営も行っていた。

今回の休止の理由は「代表河野の活動拠点の移転によるもの」だという。また、花習舎も4月末を目処に閉鎖するという。ゼロソーの公式Facebookに、活動休止のお知らせが掲載されている。

活動休止のお知らせ

2001年の旗揚げ公演から約17年という期間、やって参りましたゼロソー(旧・劇団0相)は2018年3月末をもって無期限の活動休止とすることになりました。

これまで応援いただいた皆様に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

休止理由は、代表河野の活動拠点の移転によるものです。

3月22、23日に予定している「卒業制作」が実質上の解散公演となります。
全メンバーの出演は出来ませんが、是非ご来場いただければと思います。

解散と同時に(こちらの方が先に決定していたのですが)、ゼロソーが管理運営しております「花習舎」も、こちらは2018年4月末を目処に閉鎖することになります。
短い間でしたが、ありがとうございました。

改めて3月にごあいさつ申し上げたいと考えております。
急なお知らせになってしまいましたこと、お詫び申し上げます。

重ねて、本当にありがとうございました。

ゼロソー代表 河野ミチユキ

ゼロソー 小柳銀 大学院修了記念公演『卒業制作~ジンジャーエールのエールってどういう意味?~』

実質的な解散公演となる小柳銀 大学院修了記念公演『卒業制作~ジンジャーエールのエールってどういう意味?~』は、コント『教科書』(作:小柳銀)、短編『ソノテノハナシ』(作:福田修志(F’s Company))、短編『あたたかいねこ』(作:福田修志(F’s Company))を上演する。

出演は、小柳銀、山田夕可、木村想。

チケットは1,000円。

予約・お問い合わせは090-9657-5622(山田)まで。


ゼロソー 小柳銀 大学院修了記念公演『卒業制作~ジンジャーエールのエールってどういう意味?~』

作:小柳銀・福田修志(F’s Company)
演出:小柳銀/河野ミチユキ
日時:2018年3月22日(木)19:30
        23日(金)19:30
会場:花習舎
料金:1,000円

【関連サイト】
ゼロソー
ゼロソー(Twitter)
ゼロソー(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket