ライトでセンチなリーディング公演

2015.02.12

北九州芸術劇場(北九州)の「北九州芸術工業地帯2015 まちなかリーディングマンス」において、ブルーエゴナク(北九州)が3月5日(木)、北九州市小倉北区浅野のcafe causaで『春のベーシック・ソープ・ソース(SBSS)』(作・演出:穴迫信一)を上演する。


ブルーエゴナク『春のベーシック・ソープ・ソース(SBSS)』

2015年のブルーエゴナクの第一作は、女優4名による、等身大の生活を日記のように、ラップのように聴かせるリーディング公演だ。春にふさわしい陽気な作品となっている。

2012年に旗揚げしたブルーエゴナクは、当初から大喜利やライブなど、様々なパフォーマンスを行ってきた。第5回公演で、北九州、福岡、熊本の三都市ツアーを成功させ、その後京都で作品を発表するなど、今、ノリにノッている劇団だ。そんなブルーエゴナクの代表でもあり、今回、作・演出を担当する穴迫信一よりメッセージが届いた。

「今作はブルーエゴナク2年ぶりのリーディング公演です。ライトでセンチなリーディング公演ということで45分という短い時間に、ワクワクキラキラを詰め込んだ作品になると思います。エゴナク準レギュラーのような出演者の皆さんと本気でふざけたいと思っています。新しい試みを沢山組み込んでエゴナク新章を印象づける作品にしたいと思っております。cafe causa(カフェカウサ)でお待ちしております!」

その風貌からは「ライトでセンチ」な雰囲気を感じることが出来ない穴迫信一が、どんな作品を持って来るのか、楽しみにしたい。

出演は、高山実花(モンブラン部)、高野桂子、藤松妙子、田原遥海(田原工業高校)。

只今、スタッフブログでは出演者を随時紹介中。出演者へのインタビューなどもあり、楽しい読み物となっている。

チケットは好評発売中。前売、当日共通で1,000円(日時指定)。現在20:00の回が残り少なくなってきている。チケットの情報もスタッフブログで随時更新しているので参考にして欲しい。予約、お問い合わせはegonaku@gmail.com及び090-2694-4696(チづる)まで。


ブルーエゴナク 『春のベーシック・ソープ・ソース(SBSS)』

作・演出:穴迫信一
日時:2015年3月5日(木)13:30/17:30/20:00
会場:cafe causa(北九州市小倉北区浅野2丁目12-14)
料金:1,000円(日時指定・前売当日共通)※ワンドリンク付き

【関連サイト】
ブルーエゴナク
ブルーエゴナク稽古場ブログ

【関連記事】
街中でリーディングの1か月

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket