2年ぶりの上通演劇まつり、今年はGWに開催!

2018.04.26

上通アートプロジェクトvol.8「上通演劇まつり」が5月4日(金・祝)~6日(日)、熊本市中央区上通町の上通アーケードおよび熊本市現代美術館アートロフトで行われる。

上通アートプロジェクトvol.8「上通演劇まつり」

熊本市内でも古くから賑わいを見せる上通(かみとおり)商店街。古書店・楽器店・文房具店など文化を支える店舗が多くあるこの商店街で、上通の文化をより一層高めていくべく、「上通アートプロジェクト」が立ちあがり、これまでに7つのアートプロジェクトが展開されてきた。

このアートプロジェクトのなかで、熊本市現代美術館と上通商栄会とで発案されたのが「上通演劇まつり」。2015年に初開催となり、翌2016年8月には、平成28年熊本地震からの復興を祈念した「上通チャリティ演劇まつり」が行われた。総合演出に劇団きらら(熊本)の池田美樹を迎え、演劇を観たことがないひとにも楽しめるプログラムに加え、「演劇初心者」としての上通商栄会や熊本市現代美術館の意見も多分に盛り込まれた企画で、今年2年ぶりの開催となる。

期間中、上通商店街のアーケード内や熊本市現代美術館アートロフトを会場として、数多くの催しが行われる。中でも今年の目玉は「上通にわか」。肥後にわかの大御所・キンキラ劇団のキンキラ陽子指導の新作にわか『上通の親子』を披露。演じるのは、上通商栄会の商店主と熊本演劇選抜メンバー。骨組みだけがあり、あとはほぼ即興という緊張感の高い「にわか」。店主たちと熊本演劇人たちのアドリブ炸裂の30分を楽しんでほしい。

期間中、現美劇場やアーケード劇場でパフォーマンスを行うのは、有門正太郎プレゼンツ(北九州)、PUYEY(福岡)、北川企画、プロジェクト大山(東京)、劇団きらら(熊本)、劇団ヒロシ軍(長崎)、with a clink(熊本)、葉山悠介。

そのほかにも、熊本出身の造形作家gajuによって上通アーケードに門のような「プロセニアム・アーチ」が作られ、街頭パフォーマンスが行われたり、そのプロセニアム・アーチを「インスタスポット」としても解放するなど、演劇のみならず、いろいろなアートがたのしめる3日間となっている。

「上通演劇まつり」の総合演出を務める池田美樹からコメントが届いた。

劇団きらら・池田美樹です。
2年ぶり・3回目の上通演劇まつり、企画・演出で奔走中です。

てか。
小劇場が大好きなんです。
ほんっっと、大好きなんです、あの小さな空間のライブ感が。

なので、「演劇まつり」のテーマは常に小劇場のテイスティング。
「演劇?あんまり観たことない」「むつかしそう」「内輪って感じ」「ライオンキングなら見たことあるぜ」という方達にも知って頂くべく、コント・社会派・ファンタジー・コンテンポラリーダンス、多彩な味の小劇場的短編を揃えました。

更に全演目ふとっぱらの入場無料!商品券や美術館グッズが当たる抽選会も開催。演劇ラブな方にも、疎遠敬遠してる方たちにもおもしろがって頂ける趣向満載でお届けしています。

入場無料なこともあり、毎回老若男女あらゆる世代の方々が来て下さるのも大きな特徴。中でも、「劇トツ×20分」(北九州)で最下位を取った劇団ヒロシ軍(長崎)の短編「ヌカルマ」でお客さんたちが大爆笑、更にテーマ曲の「人肉饅頭」で、ヒロシの熱唱に合わせて客席中の方々が笑い泣きしながらこぶしを突き上げて歌って下さってるのを見たときは、司会をしながら号泣してしまいました。
以来、まつりのお客様方を熊本のいろんな小劇場の公演でちらほらお見かけするようになりました。これはもう、企画者冥利に尽きる喜びです。
小劇場空間だけでなく、繁華街のアーケードにもファンタジックな建物を建て、街頭パフォーマンス。キュートなダンスからエキセントリックなコントまで、路上ならではの楽しみをお届けします。

今回の目玉は、前夜祭の「上通にわか」!
肥後にわかの大御所・キンキラ陽子さん指導の新作にわかをお披露目します。今の時代、熊本に居ながら肥後にわかを知らない人がきっと多々。たくさんの人にキワキワの緊張感で笑いを取り続けるにわかの魅力をお届けできることがものすごい喜びです。
演じるのは上通商栄会の商店主のおっちゃんたち+熊本演劇選抜メンバー。骨組みだけがあって、あとはほぼ即興!という過酷でワクワクの「にわか」。アドリブ炸裂の30分、是非見届けて下さい。

とにかく小劇場が大好きなんです。
…と言って下さる人を増やすためにも、存分愉快に頑張ります。
ゴールデンウィークは熊本・上通に是非!

※会場の美術館で開催中の「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」も併せて是非!

詳しいスケジュールや上演団体についてはチラシを参照のこと。

全演目入場無料。また、期間中は熊本市現代美術館で「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの<映像演劇>」も開催されており、「上通演劇まつり」のチラシを持っていくと入場料の割引が受けられる。

お問い合わせは上通演劇まつり事務局090-6424-1057まで。


上通アートプロジェクトvol.8「上通演劇まつり」

期間:2018年5月4日(金・祝)~6日(日)
会場:上通商店街アーケード・熊本市現代美術館アートロフト(熊本市中央区上通町2-3)
料金:無料

【関連サイト】
上通演劇まつり(Facebook)

【関連記事】
境界を問い直すチェルフィッチュの新たな試み〈映像演劇〉

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket