九州産業大学演劇研究部が学文祭で新作上演

2018.05.16

九州産業大学演劇研究部(福岡)が学文祭公演『花の名は。』(脚本・演出:山口翔真)を5月26日(土)〜27日(日)、福岡市東区松香台の九州産業大学 学友会棟中央棟1階 大会議室で上演する。

九州産業大学演劇研究部 学文祭公演『花の名は。』

春が来れば夏が来る、遅刻してたら転校生にぶつかるし、
芽が出たら花が咲く、目が合えば手が出ます。
花があるなら萌えもしますし燃えもします。
幹を見ても根は張りませんが君を見たら目を見張ります。

そんな当たり前のお話。

今回の公演にあたって、脚本・演出を務める山口翔真からコメントが届いた。

基本的に大きなお金の動きのない大学演劇において公演の成功、失敗の判断基準は劇団員、観客それぞれの満足感に寄りがちです。それは他の芸術分野にもいえて、大学生の出し物としての文学作品や学生プロレス等に発信者、受信者がわかりやすいような有名作品、有名選手のパロディが含まれることが多くあります。そのような中、我々も「受け手にわかりやすい、満足感を与える劇」をコンセプトとした物を作り、劇を成功させますので是非会場に足をお運び下さい。

出演は、濱石唯可、平川慶伍、伊勢谷奈美、梅津和大、黒木亮人、狩野龍太郎、糸瀬玲南、上茂香織、山田玲央、永田真凜、畑瀬英晴、木原慧士。

料金は無料。

お問い合わせは九州産業大学演劇研究部sangeki.1009@gmail.comまで。


九州産業大学演劇研究部 学文祭公演『花の名は。』

脚本・演出:山口翔真
日時:2018年5月26日(土)11:00/16:00
        27日(日)11:00/16:00
会場:九州産業大学 学友会棟中央棟1階 大会議室(福岡市東区松香台2-3-1)
料金:無料

【関連サイト】
九州産業大学演劇研究部
九州産業大学演劇研究部(Twitter)

九州産業大学演劇研究部 学文祭公演『花の名は。』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket