若宮計画が第一計画を6月末に上演

2018.05.25

若宮計画(北九州)が『イマジナリー・コタ』(脚本:演出:若宮ハル)を6月30日(土)〜7月1日(日)、北九州市小倉北区大門のengel カフェ&フリースペースで上演する。

若宮計画『イマジナリー・コタ』

拝啓 10歳の小鳥遊 澄子様へ
私は今年19歳になりますが、未だに高校生を続けています。
しかし、それでもまともに学校には行かず、バイトに明け暮れています。
彼氏はおろか、友達すらいません。唯一心を許せるのは、妄想のコタだけです。
私は今、コタと二人で暮らしています。どうか、憐れまないで下さい。
これはこれで、幸せなのだと思います。
19歳の小鳥遊 澄子より

本作が「第一計画」となる若宮計画。全員学生で挑む本作について、若宮ハルからコメントが届いた。

『若宮計画』とは、演劇をもっと沢山の人に触れてもらいたいと思い、始めた計画です。今回は第一計画という事で、とても身が引き締まる思いです。
イマジナリー・コタの『イマジナリー』には『架空であるさま・実在しないさま』という意味があります。主に小さな子供が持っている、『架空の友達』の事を『イマジナリー・フレンド』と呼んだりします。架空の人物と会話をしているなんて、傍から見れば不気味かもしれませんが、これは子供の発達のために必要な過程である、とも言われています。
大きくなればなるほど、人と関わるという行為は難しく、面倒なものに感じる事が増えていきます。それならばいっそ、1人で生きていくという人もいるでしょう。『おひとり様』という言葉も耳にする機会が増えてきました。けれども人間はやはり、どこかで他者との関わりを求めるものなのではないでしょうか。『寂しい』という感情は、一度襲ってくれば抗いようがなく、また1人ではどうしようもないものです。
このような、人間のどうしようもなく面倒くさく、矛盾している部分のお話です。
今回の計画参加者は全員学生という、経験が浅いメンバーではありますが、だからこそ出来ることを全力でやっていきたいと思います。演劇をもっと身近なものにしていくための、第一歩になればと思います。

出演は、出口七瀬、出光真侑、横佐古力彰、若宮ハル。

チケットは25歳以下1,000円、大人1,500円(ドリンク代含む)。

予約・お問い合わせはk.engekishiyouze@gmail.comまで。


若宮計画『イマジナリー・コタ』

脚本:演出:若宮ハル
日時:2018年6月30日(土)18:00
       7月1日(日)11:00/15:00/19:00
会場:engel カフェ&フリースペース(北九州市小倉北区大門2-7-5)
料金:25歳以下1,000円
   大人1,500円(ドリンク代含む)

若宮計画『イマジナリー・コタ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket