自宅劇場「守田ん家。」で文化祭「守祭2018」

2018.06.02

守祭実行委員会(行橋)が自宅劇場文化祭『守祭2018』を6月16日(土)~17日(日)、行橋市大字高瀬の自宅劇場「守田ん家。」で開催する。

自宅劇場文化祭『守祭2018』

「守祭」は、演劇関係いすと校舎(行橋)が所有する自宅劇場「守田ん家。」で行われる、演劇など舞台芸術を中心とした文化祭。参加団体は、コントなどで笑いを追求する有門正太郎プレゼンツ(北九州)、プロが唸る声とアマチュアも呆れる小芝居が見ものというカナリア婦人会(筑豊)、北九州で着実な地位を固める劇団C4(北九州)、多様でユニークな切り口で作品を創作するPUYEY(福岡)の4団体。実行委員の高野由紀子に守祭について聞いた。

ー「守祭」はどのような文化祭ですか?

各地の文化的な活動をしている4団体を招いて自宅劇場「守田ん家。」で30分程の作品をしてもらうお祭りです。1日に4団体すべてを観ることが出来るスケジュールです。自宅劇場のお庭には屋台が出店します。焼きそば、からあげ、かき氷などなどで休憩時間はお腹をお満たしくださいませ。その他公演後には毎回お祭り騒ぎアフターイベントがございます。

自宅劇場文化祭『守祭2018』

ーmola!をチェックしている方へメッセージをお願いします。

mola!読者のみなさまへ。行橋市高瀬295番地にある自宅劇場「守田ん家。」は新田原駅から徒歩10分程度ですが、道中には田んぼがあったり、池があったり、とても豊かな土地です。ワイワイとした梅雨の1日を過ごしにいらしてくださいませ。

参加団体・演目は以下の通り。

有門正太郎プレゼンツ『龍宮の使い』(作・演出:有門正太郎)
カナリア婦人会『オペラ歌謡』(原案:川笑一座、構成:カルメンさおり、演出:カナリア婦人会)
劇団C4『海の見えない宿』(作・演出:大福悟)
PUYEY『フェアロビクス』(原案:高野桂子、構成:高野桂子・後藤真澄、振付:乗松薫(太めパフォーマンス))

チケットは、前売組券1,000円(当日1,500円)、前売通し券1,500円(2,000円)。CoRich!チケットでの取り扱い。

お問い合わせは守祭実行委員会morisai@isukou.net、090-3414-0526まで。


自宅劇場文化祭『守祭2018』

日時:2018年6月16日(土)11:00(A)/13:00(B)/15:00(A)/17:00(B)
        17日(日)11:00(B)/13:00(A)/15:00(B)/17:00(A)
   (A)劇団C4、PUYEY
   (B)有門正太郎プレゼンツ、カナリア婦人会
会場:自宅劇場「守田ん家。」(行橋市大字高瀬295)
料金:前売組券1,000円(当日1,500円)
   前売通し券1,500円(2,000円)

【関連サイト】
守祭2018
守祭2018(Twitter)

自宅劇場文化祭『守祭2018』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket