あひるなんちゃらの関村俊介が個人企画で福岡に

2018.06.10

あひる実験室20周年公演 あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡 『スカイスクレイパー』(脚本・演出:関村俊介)が7月6日(金)~8日(日)、福岡市博多区上川端町のリノベーションミュージアム冷泉荘で上演される。

あひる実験室20周年公演 あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡『スカイスクレイパー』

九州芸術工科大学(現:九州大学大橋キャンパス)演劇部から生まれた「あひる実験室」。2003年からは東京に拠点を移し、「あひるなんちゃら」として活動している。今年あひる実験室が結成から20周年を迎えることから、メンバーの関村俊介が、個人企画で福岡公演を行う。上演するのは、二人芝居『スカイスクレイパー』と、大学生時代に福岡で行っていた『あひる実験室』の2本。今回の公演にあたって、関村俊介からコメントが届いた。

あひるなんちゃら関村と申します。
私は、大学生の頃、福岡に住んでおりました。九州芸術工科大学に通っていたからです。そこで先輩にだまされて演劇を始めて、実家の東京に帰っても何故か続けているという人間です。いろいろ頑張って、3年前に、東京で私がやっている劇団「あひるなんちゃら」で福岡公演をできたので、一回満足したんですけども。それからも、また福岡でも公演をしたいなあ、とずっと思っていまして、ついに我慢できなくなったので、今度は劇団ではなく、もっとフットワーク軽く公演をできる、個人企画で福岡に来てみました。
ちょうど、福岡でやってた団体の20周年でもあったので、今も福岡で活躍中の友達にも手伝ってもらうことにして、お祭りみたいな公演をやります。友達がちょっと私が思ってるより福岡の演劇界で有名な人になってるような気がするんですけども、まあ、それをお目当てに見に来ていただいて、私と私が東京から連れて行く役者たちの名前だけでも覚えていただけたら幸いです。
二人芝居「スカイスクレイパー」はとても気に入ってる演目ですし、楽しい公演にしますので、是非とも、みなさま、見に来てください。よろしくおねがいします。

あひる実験室20周年公演 あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡『スカイスクレイパー』 あひる実験室20周年公演 あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡『スカイスクレイパー』

出演は、『スカイスクレイパー』に鈴木朝代、堀靖明。『あひる実験室』に関村俊介、岡本ヒロミツ(グレコローマンスタイル)、谷陽介、古賀今日子(che carino!/che carina!)福永郁央(あなピグモ捕獲団)ほか。

チケットは、前売2,000円(当日2,500円)。予約フォームでの取り扱い。

予約・お問い合わせはnekoha@ahirunanchara.comまで。


あひる実験室20周年公演 あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡『スカイスクレイパー』

脚本・演出:関村俊介(あひるなんちゃら)
日時:2018年7月6日(金)19:30
        7日(土)15:00/19:00
        8日(日)14:00/18:00
会場:リノベーションミュージアム冷泉荘(福岡市博多区上川端町9-35)
料金:前売2,000円(当日2,500円)

【関連サイト】
あひるなんちゃら関村個人企画
あひる実験室20周年公演『スカイスクレイパー』(Facebook)
あひるなんちゃら関村(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket