劇団いさ、伊佐出身の海音寺潮五郎作品をリーディング

2018.06.10

演劇ワークショップ「劇団いさ」第4期 前期生 発表公演『伊佐市が舞台の海音寺潮五郎作品を朗読劇で上演しよう!』が6月24日(日)、伊佐市大口鳥巣の伊佐市文化会館で上演される。

海音寺潮五郎

今回で4回目を迎える演劇ワークショップ「劇団いさ」。このワークショップは「国民文化祭・かごしま2015」いさ演劇祭の後継事業として立ち上がり、演劇に気軽に触れることや体験することを目的としている。企画運営には伊佐市を拠点に活動する演劇集団非常口が携わり、参加者の指導などを行っている。

今回は、伊佐市出身の直木賞作家である海音寺潮五郎による、伊佐市が物語となる舞台作品『南風薩摩歌』『兵児一代記』などのリーディング公演。演劇集団非常口代表の島田佳代からコメントが届いた。

劇団いさ、第四期目を迎えた今年は前期と後期にわかれて活動します。前期の今回は小学生から70代までの市民のみなさまにご参加いただくことになりました。海音寺潮五郎の郷土色豊かな小説が、リーディングによってどう立ち上がるのか、わたしたち自身も楽しみにしています。ぜひ会場で一緒に味わってください!

出演は、「劇団いさ」第4期前期生、演劇集団非常口。

料金は無料。事前申込等も不要。

お問い合わせは伊佐市社会教育課0995-26‐1554まで。


演劇ワークショップ「劇団いさ」第4期 前期生 発表公演『伊佐市が舞台の海音寺潮五郎作品を朗読劇で上演しよう!』

日時:2018年6月24日(日)11:00/15:00
会場:伊佐市文化会館(伊佐市大口鳥巣305)
料金:無料

【関連サイト】
演劇ワークショップ「劇団いさ」第4期 前期生 発表公演『伊佐市が舞台の海音寺潮五郎作品を朗読劇で上演しよう!』
伊佐市文化会館(Twitter)
伊佐市文化会館(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket