美しい村の、胸をかきむしられる痛み

2015.02.14

劇団仲間(東京)が、斎田喬戯曲賞受賞作品である、『空の村号』(作:篠原久美子・演出:松野方子・音楽:萩京子)を、3月7日(土)に福岡県粕屋久山町のレスポアール久山で上演する。

劇団仲間『空の村号』チラシ

福島の美しい里山で暮らす酪農一家の長男、楠木空は小学5年生。2011年3月11日に東日本を襲った大震災と原発事故で家族も村も大きく揺れ動くなか、空は取材に来ている映画監督から、本当のことを映すのがドキュメンタリーであると教わる。しかし、空は家族や友達の震災後の様子を見ていると、本当のことなんて面白くないと感じてしまう。そこで空は夢に生きる男になることを決意し、本当のことがひとつも入っていない映画を撮ることにした。タイトルは「宇宙海賊船・空号の冒険!」

この作品の舞台となっているのは福島県飯舘村。この作品を書いた篠原久美子が事故以降、実際に訪れた時、村は雑草がはびこり、田んぼは干からび、牛舎には牛が一頭ももいない場所と化していた。新緑はまぶしく美しい季節だと言うのに、カエルの声もなく、鳥もおらず、子どもがいない村の様子に、篠原は胸をかきむしられるような痛みを感じたという。そしてその痛みを決して忘れないと決心したという。

震災と原発事故がどんなものであったのか、物語を通じて3月のこの時期に見つめなおすのもいい機会になるはずだ。

出演者は詩織、山神友恵、前田承生、片桐雅子、村井 裕、小林利也。

チケットは前売2,000円、当日2,500円。レスポアール久山にてお取扱い中。お問い合わせは092-976-2444(レスポアール久山事務局)まで。


劇団仲間『空の村号』

作:篠原久美子
演出:松野方子
音楽:萩京子
日時:2015年3月7日(土)15:00
会場:レスポアール久山 欅ホール(福岡県粕屋久山町大字久原2603-1)
料金:前売2,000円(当日2,500)
   ※3歳以下は入場不可

【関連サイト】
レスポアール久山
劇団仲間

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket