ナイトフライトシアターが福岡・東京ツアー開催

2018.07.09

アートユニットナイトフライトシアターが朗読劇『LOVE LETTERS』(脚本:A・R・ガーニー、翻訳・演出:高橋克昌)を7月14日(土)~15日(日)、福岡市南区大楠のシアターおくんちで上演する。

アートユニットナイトフライトシアター『LOVE LETTERS』

幼なじみのアンディとメリッサ。
いつも一緒にいた二人もやがて成長し、進学先が別れたことで、二人を繋ぐものは手紙だけになってしまう。
会えない日々が募る中、彼らは互いを意識しながらも結ばれることはなく、大人になった二人はやがて別々の家庭を築く。

海軍に入り、法の道へと進むアンディ。
芸術家となるも、様々な問題から心のバランスを崩していくメリッサ。
二人はその間も途切れることなく手紙のやり取りを続けるが……

これは、手紙が生涯を結んだ、二人の記録。

アートユニットナイトフライトシアター『LOVE LETTERS』稽古風景 アートユニットナイトフライトシアター『LOVE LETTERS』稽古風景

30年にわたって世界中で愛される名作朗読劇『LOVE LETTERS』。福岡で上演され続けてきた高橋克昌翻訳版が、今回ついに東京でも上演されることに。翻訳・演出を担当している高橋克昌からメッセージが届いた。

プレ旗揚げ公演で「70分の完全即興2人芝居」を上演したアートユニット・ナイトフライトシアター、次の公演は、活動開始時点で考えてもいなかった福岡ー東京ツアー公演です。実はまだちゃんとした旗揚げ公演をしていないのですが、先に東京公演が決まってしまいました。

今回は、1988年の初演以降世界中で上演され続ける名作『LOVE LETTERS』を、福岡、東京の2都市で上演致します。日本では観る機会が非常に限られている本作ですが、全翻訳の敢行により、この度のツアー公演が実現しました。

出演者もたいへん豪華です。福岡公演では、今一番見たいと思うペアにお声掛けさせていただきました。常に次回出演作が控えている人気俳優、まず見られないであろうペア……それぞれに見どころがございます。

東京公演の方は、福岡の役者さんの他に、17年来の親友で人気舞台俳優の原口紘一君、元「椿楼」で現在東京にて活躍している藤田光、そして企画の村井健太郎さんのお声掛けによって集まった役者さんにご出演いただきます。こちらも現地での実績、実力ともに十分な方々です。きっと東京の皆様にもお楽しみいただけると思います。

翻訳、演出、正規上演ライセンスの取得など、新作を何本も作れる時間と手間を、この一本に注ぎ込みました。予約状況を見ましても、これまで本作が東京を中心に上演されてきたからか、東京の方から非常に大きな反応をいただいていますが、これまでこの福岡で3度上演し、育てられてきた『LOVE LETTERS』ですので、福岡でも是非多くの方にご覧いただきたいと思っております。
生涯に亘る、ある男女の愛の物語。
世代を越えて上演され続ける名作を、どうぞご堪能ください。

出演は、中島信和、亀岡紋加、高橋克昌、森武マイ、村井健太郎、橋本美幸(こえこころ)、梅田剛利(劇団翔空間)、浜松愛(LOVEカルテット)。

チケットは前売1,500円(当日1,800円)。チケット予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはsyokan1985@yahoo.co.jp(たかはし)まで。


アートユニットナイトフライトシアター『LOVE LETTERS』

脚本:A・R・ガーニー
翻訳・演出:高橋克昌
日時:2018年7月14日(土)15:00(中島信和×亀岡紋加)/19:00(中島信和×亀岡紋加)
        15日(日)13:00(村井健太郎×橋本美幸)/17:00(梅田剛利×浜松愛)
会場:シアターおくんち(福岡市南区大楠2-13-23)

【関連サイト】
アートユニットナイトフライトシアター
アートユニットナイトフライトシアター(Twitter)

アートユニットナイトフライトシアター『LOVE LETTERS』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket