集団たま。、演劇ユニット「」、金平糖企画が一堂に会する!

2018.07.15

「Tripartite Vol.1 Fuk」が7月28日(土)〜29日(日)、福岡市南区井尻のいじ☆かるstudioで行われる。

「Tripartite Vol.1 Fuk」

「Tripartite Vol.1 Fuk」は、集団たま。(東京/福岡)のプロデュースによって行われる3団体のオムニバス公演。2017年の熊本演劇バトル「DENGEKI」で出会った演劇ユニット「」(福岡)・金平糖企画(大分)と集団たま。による実験的で個性派な作品が一堂に会する。

集団たま。

集団たま。は2002年、福岡女学院中高演劇部のOGを中心に、早稲田大学公認同好会として旗揚げ。現在は福岡と東京を拠点として、全国規模で活動。近年はオリジナル楽曲の導入や外部バンドからの楽曲提供など、音楽面にも力を入れている。

演劇ユニット「」

演劇ユニット「」は九州大学演劇部OBの5人からなる演劇ユニットで、2012年旗揚げ。「会話は演劇である」をテーマに、福岡や熊本の小劇場で、観客との距離感の近い芝居を行っている。

金平糖企画

金平糖企画は2014年、時枝霙によって旗揚げ。現実との境目が曖昧な「いつのまにか、ちょっとだけ、異世界」を提示した作品を発表するほか、官能小説のリーディングや、美容院での演劇上演なども行っている。

三者三様の作品が楽しめる今回の企画。プロデュースを行っている集団たま。の代表・根本みをは今回の企画についてこう語る。

今回の企画に参加する3団体は、いわゆる「エンターテイメント」よりも「アート」に近い立ち位置で舞台作品を作っている劇団です。そのような作品というものは、一見「難解」で、見慣れていないと、なかなか楽しめないところがあります。けれど、観客にとっての「わかりやすさ」をすこしだけ裏切ることによって、観客が“普段見えていないもの”、“自覚していないもの”への気づきを促し、多様な視点や価値観を提示することが「アート」の持つ一つの大きな役割でもあると考えます。
そこで、3団体それぞれの個性を持った作品を並べてみることから、観客もまた、それぞれの価値観で「自由に受け取り」「自由に解釈する」という観劇の方法と出会ってもらえたら、と願っています。また、アプローチ方法の違う3団体の作品に同時に触れることによって、演劇という手法の持つ幅の広さや、豊かさ、面白さに触れていただければ、と考えています。
普段劇場に足を運ぶことのない方にも、ディープな小劇場ファンの方にも楽しめる企画となっております。ぜひ、気軽な気持ちで遊びに来ていただければ幸いです。

チケットは2,500円で3作品の観覧が可能。予約フォームでの取り扱い。

予約・お問い合わせは集団たま。syudantama.info@gmail.comまで。


「Tripartite Vol.1 Fuk」

日時:2018年2018年7月28日(土)18:00
           29日(日)12:00/16:00
会場:いじ☆かるstudio(福岡市南区井尻4-2-40)
料金:2,500円

【関連サイト】
集団たま。
演劇ユニット「」(Facebook)
金平糖企画(Twitter)

「Tripartite Vol.1 Fuk」

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket