目に毒なメニドクの公演迫る

2015.02.15

市川葵と小柳緑子によるユニット、メニドク(福岡)の旗揚げ公演『▼(クマ)』(作・演出:市川葵)が、2月21日(土)~22日(日)に、福岡市中央区唐人町の甘棠館Show劇場で上演される。

メニドク 旗揚げ公演『▼(クマ)』チラシ

もう一週間ほど眠れていない。毎晩0時を過ぎると必ず聞こえる彼女の音。迫り来る夜への期待と、過ぎ行く夜への恐怖が僕をどうしようもなく狂わせる。彼女の音は、今日も僕を眠らせてはくれない。

「演劇ユニット 福岡ゆう子TPN銀行」や「劇団ぎゃ。」など、数多くの団体の作品に参加している市川と小柳がタッグを組むユニット、メニドク。不思議なユニット名の由来は「目を逸らしたい、でもどうしても見ていたくなる。目に毒なものって、こんなにも欲してしまうなら最初から見なければ良かったと思うけど、一度観てしまったからにはもう後戻りは出来ない。観客にとって目に毒になるようなそんなお芝居を目指している」というところから来ているという。目に毒になるようなお芝居とは一体……。観たいような、目を逸らしたいような……。かなり気になるユニット名だ。

『▼(クマ)』というタイトルも謎だ。森のクマさんのクマではなく、目の下のクマを表現しているようだが、▼のような形のクマが目の下に出来たら、それはかなりの寝不足だ。一体どんな内容なのか。また、要所要所に散りばめられたダンスや身体表現も見どころとのこと。なるほど、観てみなくては謎は解けない。

出演は市川葵、小柳緑子、田島宏人(演劇ユニットそめごころ)、古野裕基(演劇ユニットそめごころ)、足立万実。

今回の公演では要所要所にダンスや身体表現を散りばめていると言う。目に毒なメニドクの作品に俄然興味が湧く。

チケットは予約受付中。一般前売800円、当日1,000円。取り扱いはCoRichチケット、劇団メールunit.menidoku@gmail.com。お問い合わせは090-3418-7248(エガシラ)まで。


 メニドク 旗揚げ公演『▼(クマ)』

作・演出:市川葵
日時:2015年2月21日(金)14:00/19:00
        22日(土)14:00/18:00
会場:甘棠館Show劇場(福岡県福岡市中央区唐人町1-10-1 )
料金:一般前売800円(当日1,000)

【関連サイト】
メニドク

メニドク 旗揚げ公演『▼(クマ)』チラシ裏面

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
※記事初出時、お問い合わせの方のお名前が間違っておりました。お詫びして訂正します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket