UFOが「人生の処方箋」と題したワークショップ開催

2018.08.08

UFO(福岡)が演劇ワークショップ研究会『人生の処方箋~演劇で考えるココロのドラマ親子逆転裁判』を9月14日(金)、福岡市早良区百道の福岡県立ももち文化センター 会議室4で行う。

UFO 演劇ワークショップ研究会『人生の処方箋~演劇で考えるココロのドラマ親子逆転裁判』

UFOによる、演劇を活用して人生の問題に取り組む全4回のワークショップの第2弾。第1段では「結婚」をテーマに、10代~60代の参加者たちがお互いの結婚に対する疑問や不安などを語り、「普段言えないでいることを話せて楽しかった」「問題が完全に解決するわけじゃないけど、ひとつの新しい道を持てた」などの感想が上がった。

今回のワークショップのテーマは「親子」。親の役、子どもの役を演じてみたり、自分の体験したことを他者に演じてもらったりすることで、相手の気持ちを考え、親子に効く処方箋、親子に効く言葉を一緒に探す。演劇未経験者、親子参加者大歓迎とのこと。

進行役は、五味伸之。

参加料は1,000円(親子参加でも1,000円)。

予約・お問い合わせはufo.fukuoka@gmail.comまで。


UFO 演劇ワークショップ研究会『人生の処方箋~演劇で考えるココロのドラマ親子逆転裁判』

日時:2018年9月14日(金)18:30~21:00
会場:福岡県立ももち文化センター 会議室4(福岡市早良区百道2-3-15)
料金:1,000円

【関連サイト】
UFO
UFO(Twitter)

【関連記事】
演劇で結婚について考えるワークショップ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket