ハイバイが15周年を記念して『て』を上演

2018.08.29

ハイバイ(東京)が『て』(作・演出:岩井秀人)を9月15日(土)~16日(日)、佐世保市三浦町のアルカスSASEBO大ホール特設劇場で上演する。

ハイバイ『て』

こわれても、こわれても、家族。
ある一家の、祖母の認知症と共に始まった家族の再生チャレンジの話。

向田邦子賞を受賞した岩井秀人率いる劇団、ハイバイ。今回の公演はハイバイの15周年を記念して、代表作『て』を上演。

出演は、浅野和之、平原テツ、田村健太郎、安藤聖、岩瀬亮、長友郁真、今井隆文、能島瑞穂、湯川ひな、佐野剛、松尾英太郎、猪股俊明。

チケットは、一般3,000円、学生1,000円。ハイバイWEBサイト、アルカスSASEBO、ローソンチケット(Lコード:82102)、チケットぴあ(Pコード:486-734)、イープラスでの取り扱い。

お問い合わせはアルカスSASEBO 0956-42-1111(第2・第4水曜休館)まで。


ハイバイ『て』

作・演出:岩井秀人
日時:2018年9月15日(土)18:00
        16日(日)14:00
会場:アルカスSASEBO大ホール特設劇場(佐世保市三浦町2-3)
料金:一般3,000円
   学生1,000円

【関連サイト】
ハイバイ
アルカスSASEBO『て』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket