イッセー尾形、久しぶりの九州公演!

2018.09.04

イッセー尾形による一人芝居『妄ソーセキ劇場』が9月8日(土)〜9日(日)、日田市三本松の日田市民文化会館「パトリア日田」小ホールで上演される。

『妄ソーセキ劇場』

日本を代表する文豪・夏目漱石の作品「坑夫」「草枕」「道草」「門」「明暗」を題材に、イッセー尾形が新しい<名作>の世界をお届けします。

長年所属した森田オフィス/イッセー尾形・ら(株)を離れてフリーになり、絵画でいうところの「習作」のような準備段階を経ていよいよ上演されるイッセー尾形の新作公演。夏目漱石の作品を題材とした一人芝居を上演する。

チケットは5,000円、友の会会員は500円引き。パトリア日田、Yショップ大山、日田地区商工会 天瀬本所、くすりのざいつ、夜明にこにこ保育園、道の駅せせらぎ郷かみつえ、日田地区商工会 上中津江支所、金崎商店、黒木酒店、AZUKI、日田バスセンターでの取り扱い。

お問い合わせは日田市民文化会館「パトリア日田」0973-25-5000まで。


『妄ソーセキ劇場』

日時:2018年9月8日(土)19:00
        9日(日)14:00
会場:日田市民文化会館「パトリア日田」小ホール(日田市三本松1-8-11)
料金:5,000円(友の会会員500円引き)

【関連サイト】
日田市民文化会館「パトリア日田」『妄ソーセキ劇場』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket