声優や俳優を目指す生徒、発表公演

2015.02.16

総合学園ヒューマンアカデミー福岡校(福岡市中央区)パフォーミングアーツカレッジの研究生・大学部による公演、『銀河のかたすみで』(作:ダニエル藤井・演出:高山力造)が、2月28日(土)に博多リバレインホール(福岡市博多区下川端町)にて上演される。

『銀河のかたすみで』

医療や経営、グラフィックデザインやネイルアートなど様々な分野を専門的に学べる民間の教育機関、ヒューマンアカデミー福岡校。同校でパフォーミングアーツを学び、表現者を目指す生徒たちによる公演が今月末に迫った。

公演を2週間前に控えた出演者、石丸愛理(21)と永井愛梨(21)に意気込みや作品についてのインタビューを行った。

編集:はじめまして、こんにちは。
石丸永井:こんにちは!!
編集:今回の作品に対する、意気込みやPRを行ってください。
石丸永井:はい!
編集:では美樹役の石丸さんからなにか一言。
石丸:皆さん大ニュースです!
編集:え?
石丸:300年に1度のこの日に、オッペケホッペケー彗星という星がやって来ます!
編集:えっと、それは大変ですねー。あ、では純子役の永井さんからも意気込みを。
石丸:私、高嶋美樹が信じる限り絶対やって来ます!
編集:あ、いや、永井さん…。
永井:こんにちは。純子役の永井です。
編集:こんにちは。
永井:300年に1度の夜に……
編集:あ、それ今聞きました。
永井:300年に1度の夜に様々な想いを持ったキャラがラジオ局に大集合するんです!!
編集:あ、そうなんですね。なるほど。
永井:個性のあるキャラ達が見せる、ドタバタコメディは必見です!
編集:ドタバタなコメディなんですね。
永井:いい加減な純子がみせる乙女な部分にも注目してほしいです!!
編集:わかりました。では、最後に一言お願いします。
石丸永井:皆さんぜひぜひ、お越しください!

上演する戯曲『銀河のかたすみで』は、ラジオ局を舞台にしたワンシチュエーションどたばたウェルメイドコメディ。ふたりのインタビューから、若さ溢れるドタバタ具合が伝わったのではないだろうか。

出演は、永井愛梨、千々岩北斗、前川巧、松村瑠奈、石丸愛理、比嘉千晴。

チケットは、前売500円、当日800円。予約・お問い合わせは、ginga.katasumi@gmail.comまで。


『銀河のかたすみで』

作:ダニエル藤井
演出:高山力造
日時:2015年2月28日(土)13:00/17:00
会場:博多リバレインホール(福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインイニミニマニモ地下1階)
料金:前売500円、当日800円

【関連サイト】
総合学園ヒューマンアカデミー福岡校 pa大学部・研究生2015(Facebookページ)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket