フライパンがしゃべり出す人形劇

2015.02.18

福岡県朝倉市で行われる『朝倉市国際子ども芸術フェスティバル』において、人形劇団どむならん(三重県)が3月21日(土)、朝倉市の朝倉市女性センターで『いかりのギョーザ』と『やどかりのボーヤ』(脚本・演出:どむならん)の2作品を上演する。

人形劇団どむならん『いかりのギョーザ』『やどかりのボーヤ』

本作品は3人による出遣いの人形劇。出遣いとは人形遣いが顔や全身を観客に見せて人形を遣うことをいう。

どむならんの西出和人は「本編の『いかりのギョーザ』は、物であるフライパンが命を持ってしゃべり出すという、人形劇にピッタリの作品です。このフライパンは怒っている人が持つと火がついて、おいしいギョーザを焼くことができます。そしてそれを食べると、みんなニコニコ笑顔になってしまいます。なにかと腹の立つことの多い今日ですが、このフライパンやギョーザのことを思い出して笑顔を取りもどしてもらえればと思っております。舞台上でギョーザが焼けたり、怒っている顔がニコニコ顔になったりの仕掛けもお楽しみ下さい」と語る。

登場する動物たちが怒ると、火がついて、フライパンの中のギョーザがこんがりと焼きあがるという。その仕掛けはまるで手品を見ているようで、子どもたちに大人気の演目とのこと。一体どんな仕掛けになっているのか。楽しみである。

出演は、カトウアスカ、うねのたえこ、西出和人。

チケットは1作品券大人1,500円、親子券2,000円(子ども・大人各1名)のほか、期間中フェスティバルのすべての公演を観ることの出来るフリーパスバッジがある。子ども700円、大人3,000円、親子券3,500円(子ども・大人各1名)

お問い合わせは2015fes@asakura-fes.jp、0946-63-9120(実行委員会事務局)まで。


人形劇団どむならん『いかりのギョーザ』『やどかりのボーヤ』

脚本・演出:どむならん
日時:2015年3月21日(土)10:00/13:30
会場:朝倉市女性センター(福岡県朝倉市杷木池田483-1)
料金:1作品券 大人1,500円、親子券2,000円(子ども・大人各1名)
   フリーパスバッジ 子ども700円、大人3,000円、親子券3,500円(子ども・大人各1名)

【関連サイト】
第14回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル
人形劇団どむならん

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報はお問い合わせ先にてご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket