観劇しながら選挙も体験!?劇団ショーマンシップ『選挙でGO!』

2019.01.31

劇団ショーマンシップ(福岡)が『選挙でGO!』(脚本:生田晃二、演出:仲谷一志)を2月8日(金)~17日(日)、福岡市中央区唐人町の甘棠館show劇場で上演する。

福岡と佐賀の県境、羽金山の麓にある猪鹿村。
村長の山鹿行成は村を再生させる為、空家をネット料金・家賃無料で貸出す政策を決定。
その効果もあり、クラウドワーカーと呼ばれる人達が猪鹿村に移住してくる。
しかし、生活用品の購入から仕事まで全てをネットですまし、村人と全く触れ合おうとしない
彼らをよく思わない人も大勢いた。
2019年統一地方選挙の年、猪鹿村でも村長選挙が行われる事に。
現職の対立候補として立った猪瀬京香は、山鹿行成の政策を「ニートを引き寄せただけ」と否定。
二人は真っ向から対立する。
しかし選挙公示前、山鹿行成は病気で倒れてしまう。そこで、移住者の中から、たまたま同じ苗字だった山鹿キリカに、自分の娘という設定で村長選挙に出馬することをお願いする。
高齢化、移民、農村と都市、次世代通信規格(5G)構想など、様々な社会問題を、村長選挙というシチュエーションの中で、笑いと風刺で描く現代版段物にわか。

劇団ショーマンシップの新作は、選挙の意味とそのからくり、人間模様を大胆に描いたコメディ。今回の一番の見どころは、芝居の中で戦う選挙戦に実際に観客が投票をし、その結果によって結末が変わるという点。また、東沙耶香演じるフリーライター「山鹿キリカ」による、芝居内容とリンクした山村移住日記も、公演前後1か月限定で更新している。「観劇前に読めば公演がより面白く、観劇後に読めば更に楽しめる!」とのことなので、併せてチェックしてほしい。

出演は、原岡梨絵子、東沙耶香、栗野直樹、村田顕人、中野隆、寺崎索、山口泰弘、内山侑香、古澤大輔、栗林千佳、仲谷一志、中嶋さと(FOURTEEN PLUS 14+)ほか。日替わりのゲスト出演もあり。詳しいゲストの出演日程は公式サイト参照のこと。また、①2月11日(月・祝)14時:劇団員による博多仁和加競演会! ②12日(火)19時:劇団員総選挙中間発表! ③13日(水)19時:高橋徹郎究極の選挙を語る本音トーク ④14日(木)19時:バレンタインイベント といった日替わりアフターイベントも行われる。

チケットは、前売3,000円(当日3,500円)。予約フォーム、ローソンチケット(Lコード:83539)、チケットぴあ(Pコード:490-413)、イープラスでの取り扱い。

お問い合わせは劇団ショーマンシップ092-716-3175まで。


劇団ショーマンシップ『選挙でGO!』

脚本:生田晃二
演出:仲谷一志
日時:2019年2月8日(金)19:00
        9日(土)19:00
       10日(日)11:00/16:00
       11日(月・祝)14:00①
       12日(火)19:00②
       13日(水)19:00③
       14日(木)19:00④
       15日(金)19:00
       16日(土)11:00/16:00
       17日(日)14:00
会場:甘棠館show劇場(福岡市中央区唐人町1-10-1 2F)
料金:前売3,000円(当日3,500円)

【関連サイト】
劇団ショーマンシップ『選挙でGO!』特設ページ
劇団ショーマンシップ(Twitter)
山鹿キリカの猪鹿村日記

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket