モノレール公演、5作目にして初の昼公演

2019.03.05

モノレール公演『アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング』(作・演出:穴迫信一、振付:吉元良太)が3月9日(土)~10日(日)、北九州モノレール小倉駅~企救丘間で上演される。

モノレール公演『アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング』

昼、それは突如として現れた――
空に掛かったレールの上を生き物のようにドクドクと走り出す。
乗り合わせた乗客・車掌・女子高生・謎の研究者らも合わさって、事態は混沌混雑混迷を極める。
ふと一瞬の静寂、それは外の世界から届く光、呼吸を止めると気付く、わたしたちは生きている…!
アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング
どうやって、今生きていることを確認する?

普段、北九州市民の交通の動脈として小倉を縦断するモノレールが、「走る劇場」となる名物企画。新作『アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング』では、シリーズ5作目にして初の昼公演を行う。「明るい昼間、見慣れた車窓の景色も作品の一部に、日常空間と非日常の物語の世界が混ざり合うまたとない観劇体験をお届けします。小倉・企救丘間を往復する60分間、疾走感、解放感に溢れる特別な空中列車にご乗車お待ちしています」とのこと。

出演は、平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)、高野由紀子(演劇関係いすと校舎)、脇内圭介(飛ぶ劇場)、鈴木隆太、大中莉雪、河﨑日向子、姉川華。

チケットは、1,500円(当日2,000円)。別途、北九州モノレール乗車券大人620円、子ども320円を当日受付にて支払い。

チケットの取り扱いは北九州芸術劇場プレイガイド・オンラインチケット、チケットぴあ(Pコード:484-043)、ローソンチケット(Lコード:85120)。会場は、モノレール車内で席数が限られているため、早めのチケット購入をお勧めする。

お問い合わせは北九州芸術劇場093-562-2655まで。


モノレール公演『アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング』

作・演出:穴迫信一(ブルーエゴナク)
振付:吉元良太
会場:北九州モノレール車内
   ※集合場所は小倉駅北九州モノレール改札前
日時:2019年3月9日(土)12:36/15:36
       10日(日)15:36
料金:1,500円(当日2,000円)
   ※別途、北九州モノレール乗車券大人620円、子ども320円を当日受付にて支払い

【関連サイト】
北九州芸術劇場モノレール公演『アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング』公演詳細ページ
モノレール公演プロジェクトページ

【関連記事】
今年のモノレール×演劇はクリスマスバージョン
北九州モノレールが劇場に!? 話題作の続編

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket