ロボパンの新作は、タイトルが長い!

2019.04.01

ロボットパンケーキZ(福岡)が第3回公演『ワールドワイドな世界の終わりで、それでも、なお、「回転」し「加速」し続けている、僕らのラブリーパンクBPM152』(作・演出:緒方卓也)を4月27日(土)~29日(月・祝)、福岡市博多区祇園のぽんプラザホールで上演する。

ロボットパンケーキZ 第3回公演『ワールドワイドな世界の終わりで、それでも、なお、「回転」し「加速」し続けている、僕らのラブリーパンクBPM152』

いつだってどこだって誰かと誰かがボーイミーツガール!
その日は普通の日でした。
学校が終わったチョコちゃんは、いつものようにモブ君と帰っていました。
悪の組織に入りたい双子は、今日もタコ怪人のもとに通います。
お掃除当番のツムちゃんは、誰もいない教室で王子様を待ちます。
たくろうの話す相対性理論は今日も理解できません。
にーことは今も喧嘩中です。
変わったことと言えば、この間の身体測定の時より1cmだけ身長が伸びて
チョコちゃんはご機嫌です。
どうでもいいことですが、明日は転校生が来るらしいです。
おかしなことはおかしなままで過ぎていってくれる僕たち私たちのふつうの出会いと別れのお話。

福岡を拠点に活動する演劇ユニット、ロボットパンケーキZ。ユニット名は、男子の好きな「ロボット」と、女子の好きな「パンケーキ」の2つに由来する。「特殊世界の日常風景」をコンセプトに、ファンタジー色の強い舞台設定で人間味あるキャラクターの心理を、詞的なセリフと必要以上の運動量で表現することを作風としている。作・演出の緒方卓也に、作品やユニットについて聞いた。

ー本作はどのような作品ですか?

10歳の子供たちの流れるような日常が出会いと別れで加速していく半年間のお話です。ファンタジー色の強い世界で、シュールな会話や設定と共に送ります。テーマは「21世紀が生んだ引きこもりの想像力」です。ですがこの作品に引きこもりは登場しません。みんな元気です。

ー『ワールドワイドな世界の終わりで、それでも、なお、「回転」し「加速」し続けている、僕らのラブリーパンクBPM152』というタイトルの長さも気になりますが、「ラブリーパンクBPM152」とは一体どういった意味でしょうか?

ラブリーパンクというのは造語です。かわいいけど攻撃的なイメージです。BPMというのは曲の速さで、一分間に152拍打つという意味合いを指します。今回は「音楽の速さ」が物語のカギを握るお話となっています。

ー作品の見どころを教えてください。

今回、初めてオーディションという形式で出演者を募集しました。今まで声をかけられなかった役者さんや初めてお会いする方など、総勢12名が80分間、舞台上で動き続けます。また今回の作品は、平成が終わりオリンピック・万博を控えた日本という社会と、僕たち個人の心と体の関係という想像もできない未来を考察するための物理実験のようなものでもあります。情報や方法が加速し複雑に動き回る社会を前に、僕らは一度、心の準備をしなければならないのかもしれません。

ーmola!をチェックしている方へメッセージをお願いします。

mola!をご覧の皆さん、こんにちは。ロボットパンケーキZ主宰の緒方です。実はロボパン発足して、まだ1年ほどしかたっておりません。今回ようやく第3回公演となります。そして「引きこもり」3部作の2作目です。引きこもりの方も、そうでない方も、むしろそうでない方だからこそ見に来てほしいです。僕は、人間には「引きこもる本能」があると考えています。それは問題視するものではなく、むしろこれからの「考える人間」には必要なものだと思います。ぜひご来場ください。

出演は、雨宮倫子(Mr.daydreamer)、五十嵐晴香(九州大学大橋キャンパス演劇部/ジャカっと雀)、池田景(劇団「M」)、稲益康朗、倉本星華、沢見さわ(Mr.daydreamer)、すすみななみ(アートユニット豆小僧◎)、高松美果(福岡大学演劇部)、馬場佑介(Yb イッテルビウム)、増本聖、山口大器(劇団言魂)、大和屋満福(劇団ZIG.ZAG.BITE)。

チケットは、一般前売1,000円(当日1,500円)、高校生以下500円(当日1,500円)。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはrobo_pan_z@yahoo.co.jpまで。


ロボットパンケーキZ 第3回公演『ワールドワイドな世界の終わりで、それでも、なお、「回転」し「加速」し続けている、僕らのラブリーパンクBPM152』

作・演出:緒方卓也
日時:2019年4月27日(土)13:00/19:00
        28日(日)13:00/19:00
        29日(月・祝)13:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園8-3)
料金:一般前売1,000円(当日1,500円)
   高校生以下500円(当日1,500円)

【関連サイト】
演劇ユニットロボットパンケーキZ
演劇ユニットロボットパンケーキZ(Twitter)

ロボットパンケーキZ 第3回公演『ワールドワイドな世界の終わりで、それでも、なお、「回転」し「加速」し続けている、僕らのラブリーパンクBPM152』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket