NARUTO舞台化、4月に福岡公演決定!

2015.02.20

日本を代表する大人気漫画「NARUTO-ナルト-」(原作:岸本斉史(集英社ジャンプコミックス刊))が『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』(脚本・演出:児玉明子・音楽:増田俊郎)となって、4月10日(金)~4月12日(日)まで、福岡市博多区住吉のキャナルシティ劇場にてさらなる伝説を創り出す。

『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』(©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015)

ある夜更け、いたずら好きな忍者・ナルトが禁じ手の忍術が記された“封印の書”を持ち出したという。だが実は全て罠であり、ナルトは追い詰められた果てに、自身の出生の秘密を知らされてしまう。誕生してすぐに、忍者学校(アカデミー)の教師・イルカの言葉に救われ、再び立ち上がる。そして無事に忍者学校を卒業し、下忍として任務に就くことになったナルトと仲間たちだが、数々の試練が彼らを待ち受けていた。それぞれが背負う宿命と、ナルトとその運命の友・サスケとの終末の谷までを描いた物語。ナルトたちは絆を深め、互いに助け合いながら、与えられた宿命を乗り越えることができるのか……!?

『NARUTO-ナルト-』(原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社ジャンプコミックス刊))は、1999年より週刊「少年ジャンプ」(集英社)で連載された看板作品である。2014年11月に長期連載の幕を下ろしたが、2014年8月現在、単行本の累計発行部数が全世界で2億部を突破し、日本をはじめとするアジア各国での人気はもちろん、ヨーロッパやアメリカでも熱狂的な人気を誇る、日本を代表する漫画・アニメ作品だ。

<ライブ・スペクタクル>と銘打った舞台に描き出される『NARUTO-ナルト-』の世界は「お芝居」「歌」「ダンス」「アクロバット」そして驚異のパフォーマンスの連続となっており、客席を飽きさせることなくさまざまなギミック(特殊演出)を駆使して、原作の疾走感をそのままに、予測不能な五感で感じるノンストップステージを展開する。老若男女はもちろん、国籍を問わずに楽しめるスペクタクルショーとなっている本作品は、東京を皮切りに福岡、大阪、宮城、そして再び東京公演を経た後、マカオ、マレーシア、シンガポール公演も予定されている。

出演は、松岡広大、佐藤流司、伊藤優衣、須賀健太、君沢ユウキ、平川和宏、市瀬秀和、木村達成、内田朝陽、今村美歩、伊波杏樹、服部翼、加藤諒、飯山裕太、植田慎一郎、高崎紗妃、梅垣義明、悠未ひろ、ほか。

チケットは好評発売中。S席7,500円、A席5,000円。チケットの取り扱いはローソンチケット、e+(イープラス)、チケットぴあ、キャナルシティ劇場。


『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』

原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社ジャンプコミックス刊)
脚本・演出:児玉明子
音楽:増田俊郎
日時:2015年4月10日(金)19:00
        11日(土)13:00/18:00
        12日(日)13:00/18:00
会場:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多 ノースビル4F)
料金:全席指定S席7,500円、A席5,000円

【関連サイト】
『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket