アトリエ戯座レパートリー劇場の第二弾はシュニッツラーの連作

2019.07.12

演戯集団ばぁくう(福岡)がアトリエ戯座レパートリー劇場No.2『アナトール』Part1(作:アルトゥル・シュニッツラー、潤色・演出:佐藤順一)を7月26日(金)~28日(日)と8月23日(金)~25日(日)、福岡市中央区六本松のアトリエ戯座で上演する。

演戯集団ばぁくう アトリエ戯座レパートリー劇場No.2『アナトール』Part1

頃は19世紀の末。
世紀末の古都ウィーンの街角には、爛熟した芸術の薫り高く、
男と女は、今日も恋愛ゲームの真っ最中。
我らが主人公・アナトールは、女と女の間を縫って、大立回り。
さてさて、その結末は…。

昨年立ち上がった企画、アトリエ戯座レパートリー劇場の第二弾。第一弾チェーホフ『街道筋』に続き上演するのは、日本オーストリア友好150周年にちなみ、オーストリアの医師であり小説家、劇作家のアルトゥル・シュニッツラー『アナトール』全8話(未公開1作含む)の中から、1景『運命への問い』、2景『クリスマスの買物』、3景『別れの晩餐』の3話。10月と11月にはPart2として新たに3話の上演も決まっている。演戯集団ばぁくう代表の佐藤順一からメッセージが届いた。

いつもモーラさんで情報をチェックしている演劇愛好家の皆さま、狭い空間ですが、自前のアトリエで上演しています。古今のセリフ劇の名作を選びだして、舞台にしています。役者・スタッフが、演劇づくりを一から実践で学ぶ場として、作りました。たくさんの方々の目に触れる機会を、モーラさんに求めています。ぜひ一度、足を運んでください。

チケットは、前売2,500円(当日3,000円)、セット割(Part1+Part2)4,000円。予約フォームでの取り扱い。

予約・お問い合わせは演戯集団ばぁくうnrd47497@nifty.com、092-736-1220まで。


演戯集団ばぁくう アトリエ戯座レパートリー劇場No.2『アナトール』Part1

作:アルトゥル・シュニッツラー
潤色・演出:佐藤順一
日時:2019年7月26日(金)19:00
        27日(土)14:00/19:00
        28日(日)13:00/17:00
      8月23日(金)19:00
        24日(土)14:00/19:00
        25日(日)13:00/17:00
会場:アトリエ戯座(福岡市中央区六本松4-11-25-5Fばぁくう内)
料金:前売2,500円(当日3,000円)
   セット割(Part1+Part2)4,000円

【関連サイト】
演戯集団ばぁくう
演戯集団ばぁくう(Twitter)

【関連記事】
ばぁくうが新たな公演企画をスタート

演戯集団ばぁくう アトリエ戯座レパートリー劇場No.2『アナトール』Part1

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket