NODA・MAPの衣装等手がけるひびのこづえの展示が福岡で

2019.07.18

ひびのこづえ展「みる・きる・つくる」が7月20日(土)〜8月25日(日)、福岡市中央区天神の三菱地所アルティアムで行われる。

本展メインビジュアル

本展メインビジュアル

NHK Eテレ「にほんごであそぼ」やNODA・MAPの衣装を手がけていることでも知られるひびのこづえ。活動歴30年を超え、今回、「みる・きる・つくる」をテーマにクリエーションの魅力を展示で紹介する。ダンス『不思議の国のアリス』やNODA・MAPの数々の舞台衣装の展示のほか、実際に衣装を試着できるコーナーや、随時参加可能なミニワークショップスペースなどが展開される。

入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。

お問い合わせは三菱地所アルティアム092-733-2050まで。


ひびのこづえ展「みる・きる・つくる」

日時:2019年7月20日(土)〜8月25日(日)10:00〜20:00
会場:三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F)
料金:一般400円
   学生300円
   高校生以下無料

【関連サイト】
三菱地所アルティアム「ひびのこづえ展」詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket