うずめ劇場が北九州で13年ぶり・市内3か所で公演

2019.07.29

うずめ劇場(東京)が『贋の侍女』(作:ピエール・ド・マリヴォー、演出:ペーター・ゲスナー)と『フェードル』(作:ジャン・ラシーヌ、演出:ペーター・ゲスナー)を8月9日(金)~10日(土)に北九州市八幡東区枝光本町の枝光本町商店街アイアンシアターで、8月11日(日)~12日(月祝)に北九州市若松区大字安屋の若松逆水浜海岸 特設会場で、8月13日(火)に北九州市小倉北区室町の北九州芸術劇場 小劇場で上演する。

うずめ劇場『贋の侍女』『フェードル』

『贋の侍女』

身分も財産もあるパリの令嬢が、婚約相手の実態を調べるために男装の騎士に変装して近づき、彼のペテンぶりを知る。そして彼をこらしめるため一計を案じるという、一風変わった喜劇。

『フェードル』

古代ギリシャ、アテネの王妃フェードルは、先妻の息子で自分よりもずっと年下のイポリットへ、道ならぬ激しい恋をする。フランスで最も有名な、人間の心を突く古典悲劇の名作。

うずめ劇場『贋の侍女』『フェードル』

旧東ドイツ出身の演出家ペーター・ゲスナーが北九州で設立したうずめ劇場。2000年に第一回利賀演出家コンクールで最優秀賞を受賞、2007年には活動拠点を東京に移し、アングラ演劇から海外の古典、現代演劇など幅広い作品を上演している。13年ぶりの北九州公演は、野外公演を含む市内3か所での上演。うずめ劇場からメッセージが届いた。

うずめ劇場は、1995年に北九州市で結成されました。翌1996年『わが友ヒットラー』(作:三島由紀夫)で旗揚げ公演。その後、劇場以外にも、神社の境内、お寺の本堂、関門海峡を借景にした門司港ホテルのテラス、1901モニュメント前広場のドームテント、東田溶鉱炉跡などなど、いろいろなところで芝居をやり、北九州で人気を博した劇団です。2007年に東京に移転しましたが、うずめ劇場のふるさとである北九州で何かやりたいと常々思ってきました。
13年ぶりとなる今回は、うずめ劇場の本メンバーと、ゲスナーが東京の桐朋学園で育てた元学生の劇団サルメカンパニーのメンバーがタッグを組んだ公演。ベテランの円熟した演技と若手のパワーによる新しいうずめ劇場をご覧ください。
ラシーヌの悲劇『フェードル』は、昨年10月から今年2月まで東京でロングラン公演を行い、大変良い評価を受けました。マリヴォーの『贋の侍女(にせのじじょ)』という芝居は、うずめ劇場らしい少しコメディチックなもので、桐朋学園でも上演され、学生の間で大人気でした。
対照的に見える2作品ですが、50年を隔てたほぼ同時代のフランスで書かれたものです。急速に変わる経済政策や価値観の中で、人間の生き方がどう変わるのか、2作品を見比べることで見えてくる、現代に通じるおもしろさがあります。ぜひ、おトクなWチケットで2作品を見比べてください。
アイアンシアターと若松海岸での『フェードル』終演後は、飲んだり食べたりしながら気軽に歓談できる場も用意します。はじめてうずめ劇場を観に来たお客さんもぜひご一緒に。皆さんも少し飲み物とか持ってきてくれたら嬉しいです!

出演は、後藤まなみ、松尾容子、荒牧大道(以上、うずめ劇場)、山口恭子(演劇作業室紅生姜)、石川湖太朗、西村優子、遠藤広太、小黒沙耶、遠藤真結子(以上、サルメカンパニー)、久礼悠介、望月肇。

チケットは、一般前売2,800円(当日3,000円)、学生券1,500円、演目に関わらず2回観劇可能なWチケット4,000円。詳細は、うずめ劇場公式サイトを参照のこと。

お問い合わせはうずめ劇場info@uzumenet.comまで。


うずめ劇場『贋の侍女』『フェードル』

作:ピエール・ド・マリヴォー(『贋の侍女』)・ジャン・ラシーヌ(『フェードル』)
演出:ペーター・ゲスナー
日時:2019年8月9日(金)14:00◆/19:00☆
       10日(土)14:00◆/19:00☆(◆『贋の侍女』☆『フェードル』)
会場:枝光本町商店街アイアンシアター(北九州市八幡東区枝光本町8-26)
日時:2019年8月11日(日)18:45☆
        12日(月・祝)18:45☆(☆『フェードル』)
会場:若松逆水浜海岸 特設会場(北九州市若松区大字安屋)
日時:20019年8月13日(火)14:00◆/19:00☆(◆『贋の侍女』☆『フェードル』)
会場:北九州芸術劇場 小劇場(北九州市小倉北区室町1-1-1-11 6F)
料金:一般2,800円(当日3,000円)
   学生券1,500円
   Wチケット4,000円(演目に関わらず2回観劇可能)

【関連サイト】
うずめ劇場
うずめ劇場(Twitter)

うずめ劇場『贋の侍女』『フェードル』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket