宮崎県劇トライアル・シアター、中島らもの『ベイビーさん』上演

2019.08.16

トライアル・シアター2019『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』(作:中島らも、構成・演出・音楽:関根真理)を8月24日(土)~25日(日)、宮崎市船塚のメディキット県民文化センター イベントホールで上演する。

トライアル・シアター2019『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』

時は戦時中、ところは満州の新京。軍隊を慰問するサーカス団には、一癖も二癖もある団員たち、そして皆から「ベイビーさん」と呼ばれる不思議な動物がいた。ある日、サーカス団に慰問を視察する軍部の一行がやってきて……。小説や音楽、演劇など多彩なジャンルで数々の名作と伝説を残し、多くのファンを魅了した天才にして奇才――中島らも。自ら立ち上げた劇団「笑殺軍団リリパット・アーミー」で1992年に初演された本作にトライします。

宮崎県立芸術劇場が2016年より実施している「トライアル・シアター」。気鋭の演出家・振付家・音楽家らを宮崎に招聘し、一般参加の出演者らと約1週間の創作期間で舞台作品を作り上げる。今年はパーカッショニストの関根真理が構成・演出・音楽を担当し、中島らもの『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』を上演する。宮崎県立芸術劇からメッセージが届いた。

シリーズ4年目となる今年は、“奇才”中島らもとパーカッショニストの関根真理、そして一般参加の18名の出演者による、ここ宮崎でしか観ることができない作品を創作、上演します! 出演者は高校生や社会人、県内外で活動する俳優など様々。出演者による生演奏の音楽が、作品をさらに彩ります。今を生きる私たちに訴えかける、中島らもの弱者への優しいまなざしとユーモアあふれる作品を、ぜひお見逃しなく!

出演は、上杉一馬(佐土原高校演劇部)、門内一郎、上条拳斗、黒木秀美、黒田吉郎、児玉愛弥(佐土原高校演劇部)、小牧祐菜(みやざき演劇若手の会)、坂元蓮(佐土原高校演劇部)、恒松大輝、中島佳江子、長田みなみ(劇団ゼロQ)、長友健太(海汐プロダクション)、濵砂崇浩(劇団こふく劇場)、松浦航大(佐土原高校演劇部)、元浦由宇汰(佐土原高校演劇部)、山口由美(劇団ゼロQ)、和田祥吾(みやざき◎まあるい劇場)、柳田裕輔。

チケットは一般前売1,500円(当日2,000円)、くれっしぇんど倶楽部会員1,300円、U25割1,000円。メディキット県民文化センターチケットセンター0985-28-7766、インターネット予約、チケットぴあ(Pコード:495-577)での取り扱い。

お問い合わせは公益財団法人宮崎県立芸術劇場0985-28-3208まで。


トライアル・シアター2019『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』

作:中島らも
構成・演出・音楽:関根真理
日時:2019年8月24日(土)19:00
        25日(日)14:00
   ※両日とも終演後にアフタートークを実施
会場:メディキット県民文化センターイベントホール(宮崎市船塚3-210)
料金:一般前売1,500円(当日2,000円)
   くれっしぇんど倶楽部会員1,300円
   U25割1,000円

【関連サイト】
トライアル・シアター2019『ベイビーさん』公演詳細ページ

【関連記事】
宮崎県立芸術劇場の新シリーズ始まる

トライアル・シアター2019『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket