佐世保と名古屋の2劇団が合同公演『ひねもすのたり』

2019.08.17

劇団❀三番線の桜(佐世保)/演劇集団「こちら側」(名古屋)が『ひねもすのたり』を8月24日(土)〜25日(日)、佐世保市万津町のBRICK MALL SASEBOで上演する。

劇団❀三番線の桜/演劇集団「こちら側」『ひねもすのたり』

汽笛が聞こえる。JAZZが聞こえる。
いらっしゃい、此処は港町。
令和最初の夏に素敵なひとときを。

佐世保を拠点とする劇団❀三番線の桜と、名古屋を拠点とする演劇集団「こちら側」の合同企画。それぞれの劇団の主宰が作・演出を担当し、短編を一作品ずつ上演。会場は、元食品工場をリノベーションしたというスペース。メンバーはTwitterで九州各地からメンバーを募ったという。平均年齢19.6歳という若い力に期待したい。

チケットは、一般1,000円(当日1,100円)、学生800円(当日900円)。予約フォームでの取り扱い。なお、24日(土)は両公演とも完売、25日(日)も残席わずかとなっている。

お問い合わせは劇団❀三番線の桜sanbansennosakura03@gmail.comまで。


劇団❀三番線の桜/演劇集団「こちら側」『ひねもすのたり』

日時:2019年8月24日(土)16:00/19:00
        25日(日)12:00/15:00/18:00
会場:BRICK MALL SASEBO(佐世保市万津町2-8)
料金:一般1,000円(当日1,100円)
   学生800円(当日900円)

【関連サイト】
劇団❀三番線の桜(Twitter)

劇団❀三番線の桜/演劇集団「こちら側」『ひねもすのたり』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket