筑後の中高校生が平田オリザの『幕が上がる』を上演

2019.08.18

サザンクス筑後 こどものためのえんげきひろば アドバンスクラス 第15回公演『幕が上がる』(脚本:平田オリザ、演出:久保田りき)が8月24日(土)、筑後市大字若菜のサザンクス筑後小ホールで上演される。

サザンクス筑後 こどものためのえんげきひろば アドバンスクラス 第15回公演『幕が上がる』

高校演劇の地区大会突破すらもままならない弱小演劇部。
ところがある日、学生演劇の女王と呼ばれた美人教師が副顧問となり、演劇部の日常は一変。ついに県大会出場の切符を手にする。
しかしその直後、教師は姿を消した。
舵を失った船は沈んでしまうのか。線路を失った列車は脱線してしまうのか。
部長・さおりは拳を空に掲げた。「私たちは舞台の上でならどこまででも行ける」と。
銀河鉄道の夜の世界と現代とを結びつける、果てしない空への旅立ちの末に待つものは…

サザンクス筑後が「こどもたちの日常の表現する力を育んでいくこと」を目的に、平成7年に設立したえんげきひろば。今回の作品『幕が上がる』は、中学生から高校生で構成されるアドバンスクラスのメンバーによる上演。サザンクス筑後からメッセージが届いた。

『幕が上がる』は、平田オリザ原作の2015年にももいろクローバーZが主演し、映画化・舞台化された話題作。平田オリザ率いる青年団の演劇でおなじみの、客入れ時点から演者が芝居を始める「0場」にもチャレンジします。
夏休みを返上して稽古に取り組んできたアドバンスクラスのメンバーのひたむきな芝居にご期待ください。

出演は、諸藤里歩、田中ひまり、牛島紗未、石橋唯、佐々木真佑、柿原想、大石彩乃、馬場亜可里、杉山千佳、福永ひよ、ベンカート・オルウェン・サイトウ、田中ミゲル、冨田莉璃花(インストラクター)、大石英玄(えんげきひろばOB)。

チケットは500円。サザンクス筑後0942-54-1200、チケットぴあ(Pコード:496-188)、ローソンチケット(Lコード:83368)での取り扱い。

お問い合わせはサザンクス筑後0942-54-1200まで。


サザンクス筑後 こどものためのえんげきひろば アドバンスクラス 第15回公演『幕が上がる』

脚本:平田オリザ
演出:久保田りき
日時:2019年8月24日(土)18:30
会場:サザンクス筑後小ホール(筑後市大字若菜1104)
料金:500円

【関連サイト】
サザンクス筑後

サザンクス筑後 こどものためのえんげきひろば アドバンスクラス 第15回公演『幕が上がる』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket