バカダミアンが『銀河のくそ野郎どもⅢ』を上演

2019.08.29

バカダミアン(福岡)が『銀河のくそ野郎どもⅢ』(脚本・演出:重松輝紀)を9月13日(金)~15日(日)、福岡市博多区上川端町のリノベーションミュージアム冷泉荘で上演する。

バカダミアン『銀河のくそ野郎どもⅢ』

コズミックガバメントの主導により、宇宙移民が始まった。
思うさま増えた人間に地球は食いつぶされたのだ。
宇宙空間は人が住めない過酷な環境。
それでも移民せざるを得ないため、遺伝子組み換えであらゆる地獄に対応できる強化人間が作られていった。
超原始人の世界。
未来世界
深海の世界。
機械人間の世界。
中世くらいの世界。
全ての世界はコズミックガバメントが支配している。
だがそれは表向き。
バックにひかえるは超富裕層のエスタプリッシュメント、グレートファミリーである。
彼らは絶対的支配の実験として、過去において強烈なカリスマとして君臨した独裁者たちのクローンを作り上げていった。
が、どうもグレートファミリーのやり方が気に入らない暴君どもは…

バカダミアンのシリーズ作『銀河のくそ野郎ども』も今回で3回目を迎える。過去2作を観ていなくても楽しめる内容になっているという。脚本・演出を担当する重松輝紀からメッセージが届いた。

ストーリーはスペースオペラを安っぽくして現在にリンクしたギャグあり、シリアスありのお話です。テレビでいうところの連続ドラマ第3シーズンの1から3話を一気に上演する感じの構成です。第1、第2シーズンをご覧にならずとも楽しめます。
福岡演劇界の中では異端視される我々ですが、なんか行き詰まってるなあと感じている方に観ていただければ。
50歳目前のキャストから21歳まで、幅広い年齢層で頑張っておりますので皆さまご来場ください。

出演は、大竹謙作(あなピグモ捕獲団)、大谷豪、ケニー(非・売れ線系ビーナス)、小柳緑子、たまちりえ、松尾佳美、川口紗椰(九州大学演劇部)、平川慶伍、松永檀、村井善幸(モノクロラセン)。

チケットは、一般2,000円、大学生・専門学生1,000円、高校生以下500円。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはvakadamian@yahoo.co.jpまで。


バカダミアン『銀河のくそ野郎どもⅢ』

脚本・演出:重松輝紀
日時:2019年9月13日(金)19:30
        14日(土)14:00/19:00
        15日(日)13:00/17:00
会場:リノベーションミュージアム冷泉荘(福岡市博多区上川端町9-35)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   大学生・専門学生1,000円
   高校生以下500円

【関連サイト】
バカダミアン(Facebook)
バカダミアン(Twitter)

【関連記事】
バカダミアンが今月末にリバレインで公演

バカダミアン『銀河のくそ野郎どもⅢ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket