4回目となる月いちリーディング、長崎で初開催!

2019.09.21

「月いちリーディング in 長崎」第4回ブラッシュアップ作品『ダイブクライ』(作:長野哲也)が9月28日(土)、長崎市五島町のアトリエPentAで上演される。

「月いちリーディング in 長崎」第4回ブラッシュアップ作品『ダイブクライ』

日本劇作家協会が2010年度から開催している戯曲のブラッシュアップを目的とした企画、「月いちリーディング」。応募された作品の中から1本の戯曲を採用し、俳優によるドラマリーディングのあと、観客を含めた全員でディスカッションを行う。九州支部では4回目にして初の長崎での開催となる。今回扱うのは、福岡の劇団、非・売れ線系ビーナスに所属する長野哲也の『ダイブクライ』。

現在、上演戯曲である『ダイブクライ』の冒頭が閲覧できる

出演は、大迫紗佑里(劇団こふく劇場)、河野ミチユキ(WGE)、酒瀬川真世(che carino!/che carina!)、田坂哲郎(非・売れ線系ビーナス)、田中俊亮(F’s Company)、森タカコ(劇団HIT!STAGE)。

料金は無料。要予約。予約はカルテットオンラインで受付中。

お問い合わせは日本劇作家協会九州支部jpwa.kyushu@gmail.com、090-6424-1057まで。


「月いちリーディング in 長崎」第4回ブラッシュアップ作品『ダイブクライ』

作:長野哲也
日時:2019年9月28日(土)15:00~18:00
会場:アトリエPentA(長崎市五島町8-7-3F)
料金:無料(予約制)

【関連サイト】
日本劇作家協会九州支部(Facebook)
日本劇作家協会九州支部(Twitter)
アトリエPentA

【関連記事】
3回目の月いちリーディングは『サクラノキノシタニハ』
2回目の月いちリーディングは荒木宏志作『日常コンクリート』
日本劇作家協会九州支部によるリーディング企画開始

「月いちリーディング in 長崎」第4回ブラッシュアップ作品『ダイブクライ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket