劇団言魂が大学祭で新作を上演!

2019.11.03

劇団言魂(北九州)が『怪獣』(作・演出:山口大器)を11月9日(土)、北九州市若松区ひびきのの北九州市立大学ひびきのキャンパス 大学祭メインステージで上演する。

劇団言魂『怪獣』

北九州を拠点に積極的な活動を展開する劇団言魂。北九州市立大学ひびきのキャンパスの大学祭「響嵐祭」で新作を上演する。作・演出を担当する山口大器からメッセージが届いた。

会場である、ひびきのキャンパスは折尾駅からバスで少し離れた(ストレートに言うとアクセスの悪い)キャンパスなのですが、開かれた空間がとっても魅力的なんです。空が広くて、自然があり、そこに二日限りで学生たちが出店を広げ、色々な企画をし、「俺たちの青春はここにあるぞ」と言わんばかりのお祭りです。
そこで、演劇を上演するのですから、学生の「楽しい」を目の前にどう戦おうか、演劇を通して何ができるか、色々と試行錯誤をしております。お祭りという場に人々が集まってしまう「そこ」で起こる物語と「私」と「あなた」がそこにいる、という物語が交錯しながら、劇団言魂らしい作品になる予定です。
公演は16:45から。ちょうど夕日が差し込んで綺麗な時間です。出店で買った食事と一緒に、大学生の行き来する雑多な空間の中演劇を楽しみに来てみてください。

出演は、木下海聖、坂口あす実(以上有門正太郎プレゼンツ)、池高瑞穂、横佐古力彰(以上、劇団言魂)、清藤尚太(ひびきのキャンパス演劇部)、近藤花梨。

料金は無料。

お問い合わせは劇団言魂kotodama.kotokoto@gmail.comまで。


劇団言魂『怪獣』

作・演出:山口大器
日時:2019年11月9日(土)16:45
会場:北九州市立大学ひびきのキャンパス 大学祭メインステージ(北九州市若松区ひびきの1−1)
料金:無料

【関連サイト】
劇団言魂
劇団言魂(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket