マームとジプシー初の長崎公演

2019.11.05

マームとジプシー(東京)がマームと誰かさん 穂村弘×マームとジプシー×名久井直子『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』(上演台本・演出:藤田貴大)を11月14日(木)、長崎市千歳町のチトセピアホールで上演する。

マームと誰かさん 穂村弘×マームとジプシー×名久井直子『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』 マームと誰かさん 穂村弘×マームとジプシー×名久井直子『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』

マームとジプシー初となる長崎公演。上演作である『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』は、2017年に歌人・穂村弘とブックデザイナー・名久井直子との共作で作り上げた作品で、両名へのインタビューや穂村の短歌など、多くの要素から構成されている。

出演は、青柳いづみほか。

チケットは、一般前売3,500円(当日4,000円)。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはマームとジプシーチトセピアホールまで。


マームと誰かさん 穂村弘×マームとジプシー×名久井直子
『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』

上演台本・演出:藤田貴大
日時:2019年11月14日(木)19:00
会場:チトセピアホール(長崎市千歳町5-1)
料金:一般前売3,500円(当日4,000円)

【関連サイト】
マームとジプシー
チトセピアホール

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket