チームドリームが演劇とインタラクティブ映像の融合

2019.11.19

チームドリーム(福岡)が『ウタモノグルイ』(作・演出:そめやみつ)を11月29日(金)~12月1日(日)、福岡市南区塩原の九州大学大橋キャンパス 多次元デザイン実験棟で上演する。

チームドリーム『ウタモノグルイ』

とある地方のとある山奥に佇む神岡町。
そこには「ウタモノ」という古くから伝わる舞を受け継ぐ高校生達がいたが、彼らは市の財政赤字や少子高齢化、加えてネットでのデマ情報により解散の窮地に追いやられる。
しかし3年後、ウタモノに所属した学生達は国民的アイドルグループとして一躍脚光を浴びる。そして、その栄光と幸せを脅かそうとする者が現れる。

2017年、福岡学生演劇祭をきっかけに九州大学演劇部から結成した演劇ユニット、チームドリーム。今年3月には単独公演『キャプテン受験生』で合唱・演劇・インタラクティブ映像を交えた舞台を上演した。現代社会に生きる若者をモチーフとした、現実と虚構が入り混じる作風が特徴。今作『ウタモノグルイ』では演劇とインタラクティブ映像との新しい舞台表現に臨む。作・演出のそめやみつからメッセージが届いた。

2019年になってから、将来に漠然とした不安を持った方は多いのではないでしょうか?私自身、若者として老後2000万年金問題、劇作家として「表現の不自由展・その後」等の議論に思い悩んだ1年でした。ネット、SNSでもそういった意見がしばしば飛び交いました。しかし、日常生活ではそういった話題をするような雰囲気ではありません。誰もが心の中では明らかにおかしいと思うことがあるのに、それを行動に移せない。むしろ、移したくないように思えるのです。このことに私は違和感を感じるのです。だから、一方的に誰かを批判するのでもない、ただ耳を塞ぐのでもない、他の選択肢があるのではないか?という思いからこの作品を描きます。将来に不安を持つ全ての方に観ていただきたいです。

出演は、末廣勝大、沢見さわ、本名慶次、片山乃彩。

チケットは、一般1,000円(当日1,200円)、学生500円(当日700円)。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはチームドリームfukuoka_godo18@yahoo.co.jpまで。


チームドリーム『ウタモノグルイ』

作・演出:そめやみつ
日時:2019年11月29日(金)19:00
        30日(土)13:00/19:00
      12月1日(日)13:00
会場:九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟(福岡市南区塩原4-9-1)
料金:一般1,000円(当日1,200円)
   学生500円(当日700円)

【関連サイト】
チームドリーム(Twitter)
そめやみつのアトリエ

チームドリーム『ウタモノグルイ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket