劇団ルートが妖精の国の住人と人間たちのミュージカル

2019.11.26

劇団ルート(福岡)が第4回ミュージカル公演『スプリング・スプリング』を12月8日(日)、福岡市東区和白丘のコミセンわじろ 5F多目的ホールで上演する。

劇団ルート第4回 ミュージカル公演『スプリング・スプリング』

「たいせつなのは愛されることじゃなかった…! さよならミーリア…。」
何をしても上手くできない17歳の不器用な少年セルジュ。
叱られ、いじめられるだけの毎日に嫌気がさし、両親やおさななじみの娘ミーリアの愛情を確かめたくて仮死になる薬を飲んでしまう。魂の姿になった彼は人ではない者たち(妖精)が見えるように! しかし彼女らのせいで生き返れなくなったセルジュは…!

「地域の方々にミュージカルを」と、未経験者でも気軽に始められるミュージカル集団として2016年に結成された劇団ルート。小学生からシニアまで男女19名が活動している。本作『スプリング・スプリング』は、一昨年に上演した『サマー・サマー』のスピンオフ作品。妖精の国の住人と人間たちの物語で「生きること・愛すること」をテーマにしている。劇団ルートからメッセージが届いた。

今回は「ギンギラ太陽’s」の公演などでご活躍中の大城真和さんが特別出演されていて、一層コミカルで楽しい作品になっています。上演場所はJR福工大駅構内コミセンわじろ5F多目的ホールでアクセス良し。入場無料です。どうぞお気軽にお越しください。

料金は無料。

予約・お問い合わせはgekidan.route@gmail.com、092-672-1366(福島)まで。


劇団ルート第4回 ミュージカル公演『スプリング・スプリング』

日時:2019年12月8日(日)14:00
会場:コミセンわじろ 5F多目的ホール(福岡市東区和白丘22-27)
料金:無料

【関連サイト】
劇団ルート(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket