戸田恵子生誕60周年記念作品が福岡・春日市で上演

2019.11.28

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』(構成・演出:三谷幸喜)が12月6日(金)、春日市大谷の春日市ふれあい文化センター スプリングホールで上演される。

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』

映画「オズの魔法使」で全世界のアイドルとなった、天性のミュージカルスター、ジュディ・ガーランド。その人生は華やかさと哀しさが入り交じった数奇なものでした。しかしこれは彼女の物語ではありません。ジュディと同じ名を持ち、彼女の付き人として、専属の代役として、長年に渡って影のように寄り添った一人の女性、ジュディ・シルバーマン。彼女の生涯を知る人はほとんどいません。ジュディを愛し続け、そして憎み続けた、もう一人のジュディの物語。(三谷幸喜)

昨年、女優・戸田恵子の生誕60周年記念公演として東京で初演が行われた本作。4日間の公演は即日完売となり、このたび待望の再演・全国ツアーとなる。福岡の会場は春日市ふれあい文化センター。会場となるスプリングホールは座席数600席ほどのホールで、舞台と客席の一体感があり、小洒落たジャズバーでのライブのような雰囲気が味わえる。

数多くの三谷作品の音楽を担う荻野清子の音楽監督のもと、ピアノ、ベース、ドラムのトリオによって、「Over The Rainbow」をはじめとするジュディ・ガーランドが歌った名曲の数々が豊かに奏でられる。戸田恵子の歌、語り、芝居で物語を紡いでいく新感覚のライブステージに期待したい。

10月28日(月)の埼玉・志木市民会館パルシティでのプレビュー公演を皮切りに、すでに全国ツアーが始まっている。今回の再演にあたって、戸田恵子は次のようにコメントを寄せている。

この作品はもともと、去年の、私の還暦アニバーサリー公演のために三谷幸喜さんに書いていただいた作品で、もう一度上演する予定はありませんでした。ですが実は、三谷さんから脚本が上がってくるのが遅く、ギリギリで仕上げたこともあり(笑)、また公演も4日間と短かったので、「チケットが取れなかった」というお声も思った以上に聞き、それならばぜひもう一度やらせていただければ、ということで今回の再演を迎えることになり、とても嬉しいです。
堅苦しいお話ではないですし、ミュージカルではないのでミュージカルは嫌い・・・という方にも、ジュディ・ガーランドのことを知っている方にも知らない方にも、どんな方にも、来ていただければ、私、戸田恵子のエンターテインメントショウとして、楽しんでいただけると思います。
主要都市だけでなく、こんなにも色々な地方に行けるツアーはそうないと思うので、私にとってもありがたいことです。”一期一会”の気持ちで行かせていただきますので、ぜひ、この機会に皆さまにお会いできることを、とても楽しみにしています!

出演は、戸田恵子。演奏は、荻野清子(ピアノ・アレンジ)、平野なつき(ベース)、BunImai(ドラム)。

チケットは、一般6,000円、友の会5,400円。春日市ふれあい文化センター(窓口販売・電話予約・オンラインチケットサービス)、チケットぴあ(Pコード:495-857)、ローソンチケット(Lコード:82542)、イープラス、(有)共働タクシー(店頭販売のみ)、Live cafe falkvillage(店頭販売のみ)での取り扱い。

お問い合わせは春日市ふれあい文化センター092-584-3366(9:00〜22:00/祝日除く月曜休館)まで。


『虹のかけら~もうひとりのジュディ』

構成・演出:三谷幸喜
日時:2019年12月6日(金)19:00
会場:春日市ふれあい文化センター スプリングホール(春日市大谷6-24)
料金:一般6,000円
   友の会5,400円

【関連サイト】
春日市ふれあい文化センター『虹のかけら~もうひとりのジュディ』公演詳細ページ

『虹のかけら~もうひとりのジュディ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket