劇団きらら、8年ぶりの東京公演!

2015.02.26

劇団きらら(熊本)が8年ぶりに王子小劇場(東京)で東京公演を行う。上演するのは、2014年11月〜12月に熊本と福岡で上演され反響を呼んだ『ぼくの、おばさん』(作・演出:池田美樹)。

劇団きらら『ぼくの、おばさん』熊本・福岡公演チラシ

今回の東京公演は、劇団だるめしあん(東京)の代表・坂本鈴が強く影響を受けた団体・アーティストを紹介(introducing)する「イントロ企画」の第一弾として実現した。坂本鈴は今回のイントロ企画にあたり、次のようなコメントを寄せている。

劇団きららは私の「演劇の原点」。
熊本の高校生だった頃、きららを観て感激し演劇をはじめました。

作劇の師匠として、また女性の先輩として刺激を受け続けている超絶リスペクト劇団です。
イントロ第一弾は是非きららに、ということで今企画が実現しました。

上演される『ぼくの、おばさん』は、20代の焦燥感と40代の諦念や折り合いといったものを丁寧に描いた作品。父親が亡くなり、苦手な叔母と2人暮らしをすることになった青年、急一。「売るより解体するほうが費用がかかる」という古い家屋への諦めと嫌悪を抱きながら、悶々とした日々を送っていた。そんなとき、20数年音信不通だった伯母がやって来る。「伯母」というにはあまりに奔放で魅惑的な彼女の出現で、停滞した日々が一気に動き始める……。

出演は、宗真樹子、オニムラルミ、手島曜(14+)、磯田渉(不思議少年)、池田美樹。

チケットは一般前売2,800円のほか、劇団だるめしあん『あの子の飴玉』とのセット券や高校生以下1,000円のチケット、だるめしあんかきららの半券で安く観劇できるリピーター割などがある。CoRichチケット!、劇団だるめしあんinfo@darumesian.cranky.jp、劇団きららkirara@sa.kcn-tv.ne.jpから予約可能。

また、「九州出身です!」「公演情報をリツイートしました!」という方には、公演当日にプチプレゼントがあるという。「イントロ公演のために九州から来ました!」という方には、豪華プレゼントもあるとのこと。

お問い合わせは劇団だるめしあんinfo@darumesian.cranky.jp、090-1460-2303、劇団きららkirara@sa.kcn-tv.ne.jp、090-6424-1057まで。

今回mola!では、AAF戯曲賞受賞候補作ノミネートや東京公演決定と、快進撃を続ける劇団きららの主宰、池田美樹にインタビューを行った。後日特集として掲載される予定なので、合わせてチェックしてほしい。


劇団きらら『ぼくの、おばさん』

作・演出:池田美樹
日時:2015年4月17日(金)17:00
        18日(土)12:00/17:00
        19日(日)14:30
会場:王子小劇場(東京都北区王子1丁目14−4 B1F)
料金:一般前売2,800円、当日3,000円
   だるきらチケット4,000円(劇団だるめしあん公演とのセット券・要予約)
   高校生以下1,000円(前売当日共通・要予約)
   リピーター割1,500円(きらら・だるめしあんの半券による割引)

【関連公演情報】
劇団だるめしあん『あの子の飴玉』

日時:2015年4月15日(水)19:30
        16日(木)19:30
        17日(金)14:30/19:30
        18日(土)14:30/19:30
        19日(日)12:00/17:00
会場:王子小劇場(東京都北区王子1丁目14−4 B1F)

【関連サイト】
劇団きらら
劇団だるめしあん

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報はお問い合わせ先にてご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket