劇団リーズクレシェンドが旗揚げ公演のスピンオフを上演

2020.02.02

劇団リーズクレシェンド(福岡)が『麻子の優しい世界』(作・演出:宮田一谷)を2月22日(土)〜24日(月)、福岡市中央区白金の白金ビルで上演する。

劇団リーズクレシェンド『麻子の優しい世界』

「私、川上芽衣といいます。未来から来た、あなたの孫です!」
未来からやって来た芽衣は祖父である駿河洸太郎の協力を得て、父親である川上修二が死なない未来を手に入れて帰って行った。
洸太郎の要請により、芽衣のタイムスリップに関わった研究者・小関教授は、助手で、恋人でもある湯川麻子を一時的に時空の外へ消失してしまう。
これは時間軸から消失していた麻子に起きていたもう一つのタイムスリップ・ストーリー

本作は旗揚げ公演『いらない未来にさよならを~芽衣とおじいちゃんの夏休み~』のスピンオフにあたるという。

出演は、咲羽、JK、Kz、優希、かをり、明香里、充玲、吉永尚樹(サンミュージックアカデミー福岡校)。

チケットは、一般1,000円、高校生以下500円。

お問い合わせはrees.actor@gmail.comまで。


劇団リーズクレシェンド『麻子の優しい世界』

作・演出:宮田一谷
日時:2020年2月22日 (土) 15:00/19:00
        23日 (日) 14:00/18:00
        24日 (月) 12:00/16:00
会場:白金ビル(福岡市中央区白金2-15-1 2F)
料金:一般1,000円
   高校生以下500円

【関連サイト】
劇団リーズクレシェンド
劇団リーズクレシェンド(Twitter)

劇団リーズクレシェンド『麻子の優しい世界』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket