10人以上を2人で演じる!?unitでたまくがあの名作を上演

2020.03.17

unitでたまく(福岡)が第5幕『カズオ』(脚本:永井愛(二兎社)、演出:井ノ口美津希)を3月28日(土)〜29日(日)、福岡市中央区唐人町の甘棠館show劇場で上演する。

unitでたまく 第5幕『カズオ』

「今日はパパの初舞台だ。パパは大きな銀行の支店長だった。なぜパパがタップダンサーになってしまったかについては、長い長い物語がある。」

二つの家庭に起こったある事件と、そこに至るまでの物語。
出世、嫁姑、不倫、宗教…さまざまな問題に巻き込まれる息子たち。
彼らの明日はどこへ向かうのか!
二兎社初期の傑作<ブラックコメディ>!!

福岡を拠点に活動を続けるunitでたまく。結成5周年を迎える今年上演するのは、数年前から挑みたいと考えていたという永井愛の名作『カズオ』。イベントの中止・自粛が相次ぐ中、「中止を余儀なくされた場合、公演の延期はしない」という覚悟を持って挑む今回の公演について、井ノ口美津希からコメントが届いた。

2020年。
unitでたまくは今年7月で5周年を迎えます。
また、今回出演の2人は演劇を始めて今年で10年になります。
そんな2人が今年挑戦するのは、永井愛さん作『カズオ』。
この素敵な脚本に出会ったのは今から数年前。
「私たちにやれるのか?」「私たちでやりたい!」の自問自答を続けたここ数年…。
折角の記念の年だし!挑戦したい!と決意したのは昨年春。
記念日が好きな主宰の我儘と、2人の熱意で、この舞台のために地道に準備を続けて参りました。

みどころは、今回チラシにも堂々と「登場人物10人以上の2人芝居!?!」と書かれているように、役がコロコロかわる早着替え。
また、タップダンスにも初挑戦しております。
いつものunitでたまくを知ってる方には新しい発見を、unitでたまくが初めての方には2人の息の合った会話劇を、どちらの立場でも楽しんでいただけるように、本番まで進んで行きます。

この歳(年)に、この劇場で、この2人でやりたいと思って進めてきた企画です。
何卒、unitでたまくの勇姿をお楽しみに。

出演は、大石希、井ノ口美津希。

チケットは、前売1,800円(当日2,000円)、ペア割3,000円(予約限定)。メールdtmk.72@gmail.com劇団サイト予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはdtmk.72@gmail.comまで。


unitでたまく 第5幕『カズオ』

脚本:永井愛(二兎社)
演出:井ノ口美津希
日時:2020年3月28日(土)14:00/19:00
        29日(日)11:00/16:00
会場:甘棠館show劇場(福岡市中央区唐人町1-10-1 カランドパーク2F)
料金:前売1,800円(当日2,000円)
   ペア割3,000円

【関連サイト】
unitでたまく
unitでたまく(Twitter)
unitでたまく(blog)

unitでたまく 第5幕『カズオ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket