『マーキュリー・ファー』舞台写真公開!

2015.02.28

シアタートラム(東京)での公演を皮切りに、兵庫・福岡でのツアーが行われる『マーキュリー・ファー』。東京公演の舞台写真と、出演の瀬戸康史のコメントに合わせて芝居のダイジェスト映像が流れる番組のOA情報が届いた。

左から:高橋一生、瀬戸康史 世田谷パブリックシアター『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(会場:シアタートラム)撮影:細野晋司 左から:瀬戸康史、千葉雅子、小柳 心、高橋一生 世田谷パブリックシアター『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(会場:シアタートラム)撮影:細野晋司

左から:瀬戸康史、高橋一生 世田谷パブリックシアター『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(会場:シアタートラム)撮影:細野晋司

作品を発表する度に波紋を呼ぶイギリスの劇作家、フィリップ・リドリーが本作を書き下ろしたのは、自国イギリスとアメリカが主導で仕掛けた「イラク戦争」直後の2005年。正義という名目のもと、多くの市民が犠牲になったことに抗議の気持ちを込めてこの作品を書いたとされている。世界のあちこちで紛争やテロ事件が起こり、不安定な社会情勢にある昨今、この戯曲はこのような状況にしっかりとシンクロし、足元 を照らす一条の光を演劇的にしめしてくれるのではないだろうか。戦争によってあらゆる秩序を失った街で暮らす兄弟の、大きな大きな愛の物語を、ぜひ会場で見届けてほしい。

福岡公演は3月8日(日)、福岡市博多区住吉のキャナルシティ劇場にて行われる。チケットはS席7,800円、A席6,800円、学生3,000円。S席は残席わずか。

瀬戸康史のコメントと芝居のダイジェスト映像は、3月5日(木)放送のTNC『GeeBee』、3月7日(土)放送のTVQ『チラチラパンチ』で放映される。こちらもあわせてチェックしてほしい。


『マーキュリー・ファー』

作:フィリップ・リドリー
演出:白井晃
日時:2015年3月8日(日)14:00
会場:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多 ノースビル4F)
料金:全席指定 S席7,800円、A席¥6,800円
   学生券(当日座席指定・引換時要学生証)3,000円

【OA情報】
3月5日(木)放送 TNC『GeeBee』
3月7日(土)放送 TVQ『チラチラパンチ』

【関連動画】

【関連リンク】
『マーキュリー・ファー』公演詳細ページ

【関連記事】
生と愛を渇望する青年描いた傑作

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket