『DISTANCE』に合わせて、俳優&映像・制作ワークショップ開催

2020.08.09

8月15日(土)に上演される本多劇場グループ next『DISTANCE-TOUR-』に合わせて、8月12日(水)に俳優向けワークショップが、8月16日(日)に映像・制作ワークショップが行われる。

劇場・観客・演者・スタッフの間に生まれてしまった距離を、少しずつ縮めていくべく立ち上がった企画『DISTANCE』。北九州公演に合わせて、企画・総合監修を務める川尻恵太による、俳優に必要な〝作家脳〟について考えるワークショップと、映像ディレクターのワタナベカズキと制作の高橋戦車による「配信」をテーマとしたワークショップを開催。

俳優向けワークショップ「俳優に必要な作家脳」

川尻恵太(脚本家・演出家)

演劇学校の授業や、ワークショップで僕が最初に必ず言うことは「僕には特に教えられる技術がない」という事です。
技術を教えられる優秀な人は僕以外にたくさんいるんです。「じゃあお前何しに来るんだよ?」と思ったあなた。一緒に考えましょう。経験上の知識なら伝える事もできます。
僕にもみなさんの事、教えてください。

映像・制作ワークショップ「新しい演劇様式に向けて〜配信公演の実践法について〜」

ワタナベカズキ(映像ディレクター)

いきなり乱暴なことを言いますと、演劇と映像配信はセットになるしかないと思います。「劇場で見たい!」「生が一番!」「配信なんて演劇じゃない!」めっちゃわかります。でも以前のような客席が満員の世界に戻る事は暫くないでしょう。
6月の「DISTANCE」無観客生配信で、ある役者さんはカメラの先にお客さんを感じたと言っていました。お客さんも配信画面の先に劇場を感じてくれていました。(個人差有り)ここはひとつ「カメラを持って、劇場に篭ろう」の精神で、新しい「演劇と映像配信の形」を皆様と考えられればと思っております!

高橋戦車(制作)

新しい生活様式と同じように、新しい演劇様式が必要な時代になったと思います。ただ、私が大好きな演劇は、舞台上で汗水撒き散らして、お客様が満席の客席で泣いて笑って、という演劇です。
そこに帰れるように、そのためにアップデートをしながら、日々を送っています。状況はなかなか好転せず、長い戦いが続くと思います。だからこそ、戦い方を一緒に考えることができればと思います。よろしくお願いします。

参加費は、俳優向けワークショップが2,000円、映像・制作ワークショップが1,500円。『DISTANCE-TOUR-』北九州公演劇場・配信チケットを購入した場合はそれぞれ500円引きとなる。

申し込みは、〔1〕住所〔2〕氏名(所属団体)〔3〕年齢〔4〕電話番号〔5〕志望理由を記入の上、件名を俳優向けワークショップは【「DISTANCE-TOUR-」俳優向けWS係】、映像・制作ワークショップは【「DISTANCE-TOUR-」映像・制作WS係】とし、distancetour.kitakyusyu@gmail.comまで。

締め切りは、俳優向けワークショップが8月11日(火)20時まで、映像・制作ワークショップが8月15日(土)20時まで。

お問い合わせは株式会社オフィス鹿office@shika564.com、03-6265-8518(担当:高橋)まで。


俳優向けワークショップ「俳優に必要な作家脳」

講師:川尻恵太(脚本家・演出家)
日時:2020年8月12日(水)18:30〜21:30
会場:第一小倉商工会館 Aスタジオ(北九州市小倉北区魚町2-6-1)
対象:プロ・アマ問わず、現役の俳優の方から未経験の方・高校生以上対象
定員:20名
参加費:2,000円
    『DISTANCE-TOUR-』北九州公演劇場・配信チケットをお持ちの方は1,500円

映像・制作ワークショップ「新しい演劇様式に向けて〜配信公演の実践法について〜」

講師:ワタナベカズキ(映像ディレクター)・高橋戦車(制作)
日時:2020年8月16日(日)14:00〜17:00
会場:第一小倉商工会館 A会議室(北九州市小倉北区魚町2-6-1)
対象:演劇制作及び映像制作に興味のある方、劇団等の運営にかかわっている方など
定員:20名
参加費:1,500円
    『DISTANCE-TOUR-』北九州公演劇場・配信チケットをお持ちの方は1,000円

【関連サイト】
「DISTANCE-TOUR-」
DISTANCE(Twitter)

※内容は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket