福岡県大学合同公演、今年は『となりの田中さん』をリーディング

2020.08.30

福岡県大学合同リーディング公演『となりの田中さん』(作・演出:幸田真洋)が9月5日(土)~6日(日)、福岡市南区大橋のゆめアール大橋 大練習室で行われる。

福岡県大学合同リーディング公演『となりの田中さん』

5年後、10年後の福岡の地域演劇シーンを支える人材を排出するために、2007年から開催されている福岡県大学合同公演。今回は、2014年に九州戯曲賞大賞を受賞した『となりの田中さん』をリーディング形式で上演する。4組の夫婦を描いた物語に、8名の大学生が挑戦する。

出演は、徳田有咲(久留米大学)、小貫真太郎(九州大学伊都キャンパス)、岩崎朱音(産業医科大学)、村岡勇輔(西南学院大学)、五十嵐晴香(九州大学大橋キャンパス)、笹田泰成(九州産業大学)、高松美果(福岡大学)、青野大輔(北九州市立大学)。

チケットは500円。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはゆめアール大橋092-557-2502まで。


福岡県大学合同リーディング公演『となりの田中さん』

作・演出:幸田真洋(劇団HallBrothers)
日時:2020年9月5日(土)17:00
        6日(日)14:00/17:00
会場:ゆめアール大橋 大練習室(福岡市南区大橋1-3-25)
料金:500円

【関連サイト】
福岡県大学合同公演
福岡県大学合同公演(Twitter)

【関連記事】
11回目の福岡県大学合同公演、今年はワンルームで繰り広げられる物語
今年の福岡県大学合同公演はミュージカル
福岡県大学合同公演、今年は難しい題材を扱う書き下ろし作品

※内容は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket