明日から釜山で開催の「プレ世界女性公演芸術祭」に九州から3団体が参加

2020.09.08

9月9日(水)~9月13日(日)に韓国釜山広域市で行われる「プレ世界女性公演芸術祭」で、RAWWORKS(長崎)、空間再生事業劇団GIGA(福岡)、FOURTEEN PLUS 14+(福岡)の公演映像が上映される。

舞台芸術を通して女性が直面する問題に焦点をあて平等で平和な社会の構築をことを目的としている「プレ世界女性公演芸術祭」。スローガンは「話す、行動する、世界を変える」。新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインを中心とした内容となるが、九州からはRAWWORKSが『素敵じゃないか』(作:たじま裕一、演出:池田美樹)を、空間再生事業劇団GIGAが『ベルナルダ・アルバの家』(脚本:ガルシア・ロルカ、演出:山田恵理香)を、FOURTEEN PLUS 14+が『山月記』(原作:中島敦、作:川津羊太郎、演出:中島さと)を上映する。

【関連サイト】
プレ世界女性公演芸術祭
空間再生事業劇団GIGA
RAWWORKS
FOURTEEN PLUS 14+

※内容は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket