シリーズ初のツアーに挑む「新 かぼちゃといもがら物語」第5弾

2020.09.17

宮崎県立芸術劇場プロデュース「新 かぼちゃといもがら物語」#5『神舞の庭』(作:長田育恵、演出:立山ひろみ(宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター))が10月23日(金)〜25日(日)に宮崎市船塚のメディキット県民文化センター イベントホールで、10月31日(土)〜11月1日(日)に延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター 小ホールで、12月11日(金)〜13日(日)に東京都豊島区西池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

宮崎県立芸術劇場プロデュース「新 かぼちゃといもがら物語」#5『神舞の庭』

宮崎の山間にある集落で、代々その地区の神楽を受け継いできた中崎家。祭りの前日、実家で暮らす次男・亮二夫婦のもとに、東京在住の長男・俊一が、突然妻子を連れて帰って来る。同日、老母・登志子が倒れて昏睡状態になってしまい…。混乱の中、中崎家の人々が抱える悩みが次第に明らかになっていく。

宮崎県立芸術劇場が2016年度から実施している演劇シリーズ「新 かぼちゃといもがら物語」。宮崎の土地やそこで暮らす人々をモチーフに、国内の地域社会が抱える普遍的な課題を描いた作品に取り組んでいる。第5弾となる今回は、2018年に同シリーズで初演を行い話題を呼んだ『神舞の庭』を、宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクター・立山ひろみの新演出版で上演。出演には大沢健、東風万智子のほか、宮崎出身・在住の俳優や、地方を拠点に活動する俳優が名を連ねる。

また、今回はシリーズ初のツアー公演を行う。本作は宮崎のほか、延岡・東京でも上演される。

出演は、大沢健、東風万智子、貴島豪、日髙啓介、平佐喜子、成合朱美、森川松洋、高野桂子、石倉来輝、原田千賀子。

チケットの詳細は公式サイトを参照のこと。

お問い合わせは公益財団法人宮崎県立芸術劇場0985-28-3208まで。


宮崎県立芸術劇場プロデュース「新 かぼちゃといもがら物語」#5『神舞の庭』

作:長田育恵
演出:立山ひろみ(宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター)

【宮崎公演】
日時:2020年10月23日(金)19:00
        24日(土)14:00★
        25日(日)14:00
   ★終演後アフタートークあり
会場:メディキット県民文化センター イベントホール(宮崎市船塚3-210)

【延岡公演】
日時:2020年10月31日(土)14:00
       11月1日(日)14:00
会場:延岡総合文化センター 小ホール(延岡市東浜砂町611-2)

【東京公演】
日時:2020年12月11日(金)19:00
        12日(土)14:00
        13日(日)14:00
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都豊島区西池袋1-8-1)

【関連サイト】
メディキット県民文化センター「新 かぼちゃといもがら物語」#5『神舞の庭』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket