アントンクルーが短編3作をアクロス福岡で上演

2020.10.02

劇団アントンクルー(福岡)が『Will You Still Love Me Tomorrow』(作:別府源一郎、演出:ペニー・レイン)を10月20日(火)~21日(水)、福岡市中央区天神のアクロス福岡円形ホールで上演する。

劇団アントンクルー・プロデュース公演『Will You Still Love Me Tomorrow』

今、私の中にある愛。
そして、とうの昔に失われた愛。
そんな、いくつもの物語。
たとえば、朝から大酒を浴び、
ドラッグに溺れ、身体に昇り龍の入れ墨を入れ、
破滅的な恋愛を繰り返し、
夜、ひとり月に向かって吠えるような
ドラマチックな人間じゃなく、
あなたの隣にいる
ありふれた人のささやかな物語。

舞台となるのは、福岡市にある古いビル。1階には貸しスタジオ、2階には湊町司法書士事務所、3階より上は独身者用の賃貸の住宅という設定で、別府源一郎の短編3本が上演される。

劇団アントンクルーの安永史明がプロデューサーを務める本作は、イギリスの「ナショナル・ライブ・シアター」で上演された、音楽と芝居の融合した『一人の男と二人の主人』をヒントに企画された。

「ストレートプレイは少なくなりつつあり、軽めの舞台や、コントが主流となっているようです。一方では商業演劇は多くの作品が首都圏で作られ、地方への巡回という形も見られます。こうした風潮の中で、地方在住の演劇団体は苦しい状況にあるようにも思います。私たちは福岡の地にこだわって、商業演劇に負けない骨格のしっかりした質の舞台を創作しました」と安永は語る。

出演は、『タンドリーチキンの朝』に有定千裕、『アイランドキッチンの昼下がり』に中山ヨシロヲ、『ロングカーディガンの夜』に有定珠菜。音楽はフルフルズ、越智亮太。歌、栗林裕美。

チケットは、一般2,500円(当日3,000円)、学生2,000円(当日2,300円)。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせはアントンクルーanton_crew@hotmail.com、090-7984-7632(ヤノ)まで。


劇団アントンクルー・プロデュース公演『Will You Still Love Me Tomorrow』

作:別府源一郎
演出:ペニー・レイン
日時:2020年10月20日(火)19:00
        21日(水)19:00
会場:アクロス福岡円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1)
料金:一般2,500円(当日3,000円)
   学生2,000円(当日2,300円)

【関連サイト】
劇団アントンクルー

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket